<   2011年 03月 ( 5 )   > この月の画像一覧

 

キクザキイチゲが咲き出しました

北陸もやっと春らしいお天気になってきました。
c0022275_19213721.jpg

近くの丘にキクザキイチゲ(菊咲一華)が咲き出しました。
この丘には白い花しか咲きませんが、場所が違うと薄紫色の花が咲いているところもあります。
c0022275_19231411.jpg

春先に花を咲かせ、落葉広葉樹林の若葉が広がる頃には地上部は枯れてなくなり、その後は翌春まで地中の地下茎で過ごすスプリング・エフェメラルの一種です。
イチリンソウとも呼ばれますが、同じ種類(キンポウゲ科)の花です。
c0022275_19233432.jpg

フキノトウもあちこちに花を付けていました。
カタクリの葉が顔をだし、蕾も付いています。
1週間ほど暖かいお天気が続けば咲き出すでしょう。
c0022275_19241242.jpg

春が来ると気分も軽くなるのですが、今年ばかりは、毎日、津波に襲われた被害地の様子や原発事故の報道を目にしていると、気持ちが重いです。
一日も早く、皆が春を享受出来る日が来ることを願っています。
[PR]

by hirospace | 2011-03-29 19:24 | 草花 | Comments(2)  

いかなごのくぎ煮

春分の日を迎えようとしても、なか~暖かくなりません。

毎日、地震、津波や原発の事故のニュースを見ていて暗い気持ちでいましたが、息子が無事に志望の高校に合格してくれて我が家にも一足先に春を感じています。

そして、明石の友人から、今年も「いかなごのくぎ煮」を春のメッセージに込めて送っていただきました。
c0022275_843413.jpg

日々の生活の中で当たり前のように思っていることが、実は本当は「有り難い」ことなんだと、今年は強く感じています。
[PR]

by hirospace | 2011-03-20 08:44 | 料理 | Comments(2)  

取立山でスノートレッキング

連日、東日本の地震、津波による被害状況が放映されいて、多くの方が救出にあたられている状況の中で、他人事のように自分だけ遊びに行ってもいいのだろうか?という後ろめたい思いもありましたが、家でTVを見ているだけなら、何ら変わりはしないと自分で納得しました。

11月の立山・室堂山以来の登山になります。
去年の2月には会の仲間4名と登っていますが、今年は1ヶ月遅くなりましたが、一人で登ってきました。
お天気が快晴なので、人も多いと思ったのですが、前のような状況の所為か?人は少なかったです。
c0022275_2162994.jpg

4ヶ月の空白があったので、30分もしない内に大腿部が筋肉痛になりました。
それでも、アミノバイタルを飲んで、歩いているうちに、解消しましたが、今度は左足が痙攣です。
c0022275_2173228.jpg

シーズンなら、駐車場から2時間で登れる山も、林道が除雪されていないために、国道157から1時間半ほど余分に登らないとなりません。
c0022275_2110634.jpg

また、雪山は踏まれて固まっているのですが、ボコ~になっていて、歩きづらく、筋肉痛もあって、ペースもまったく上がらず、ゆっくり上っていたら、山頂まで何と4時間もかっかってしました。
c0022275_2181651.jpg

去年はたくさんの人で賑わっていたのですが、今年は着く時間も遅かった(13:30)ので、誰一人居ませんでした。
直ぐ近くに見える白山の写真を何枚か撮りましたが、何となく真っ白でないように見えました。
c0022275_219642.jpg

昼食を済ませて、直ぐに下山しましたが、誰一人いない山を歩くのは、ちょっと寂しかったです。
c0022275_21125075.jpg

この山はよく知っている積もりなんですが、雪山は登山道がないので、足跡をたどって下山するのですが、たくさんの足跡が付いていて、目印もないので、いつも登ってきた道と違った道を選んで迷ってしまいます。
それでも、明るいうちに登山口着いて、帰り道に白峰温泉に寄って、足腰を伸ばして来ました。
c0022275_2193226.jpg

[PR]

by hirospace | 2011-03-13 21:13 | 登山 | Comments(2)  

■東北地方太平洋沖地震について

3月11日(金)に発生した三陸沖を震源とする東北地方太平洋沖地震により、亡くなられた方々のご冥福をお祈り申し上げますとともに、被災された皆様、そのご家族の方々に対しまして、心よりお見舞い申し上げます。そして一日も早い復旧復興を願っております。
[PR]

by hirospace | 2011-03-12 21:05 | 雑感 | Comments(1)  

夏みかんのマーマレード

以前はよく漬物やジャム作りをしていたのですが、久しぶりに作りました。
c0022275_9212255.jpg

愛知県常滑に居る友人が夏みかんを作っているので、毎年、送ってくれます。
最近は甘い柑橘になれて、夏みかんをそのまま食べえることもなくなっているので、
たいていジュースかマーマレードにしています。

6個(約2㎏)を綺麗に洗って、4つ切りにして皮をむきます。
実は袋から取り出して、果汁と一緒にとって置きます。(種も使います)
c0022275_923449.jpg

皮を千切りにして、3回ほどつかみ洗いをして、水に1~2時間ほど着けておきます。
c0022275_9243232.jpg

ステンレスの鍋に、皮と実(果汁)と種を袋に詰めて一緒に入れます。
水を4カップ足して、40~50分ほど強めの中火で、皮が軟らかくなるまで煮ます。
c0022275_9263263.jpg

次にグラニュー糖を皮・実・果汁の分量(重さ)と同量(今回は甘さ控え目で6割)3回に分けて加えて、中火で煮続けます。
c0022275_9271261.jpg

とろみがついてきたら、火を止めて、冷め切らない内に消毒した容器に詰めます。
これで、3kgの夏みかんのマーマレードの完成です。
c0022275_9273276.jpg


長期に保存をしたいときは砂糖の量を減らさないことと、瓶に詰めた後に煮沸するといいです。
冷凍にして保存も可能です。
[PR]

by hirospace | 2011-03-05 09:28 | 料理 | Comments(3)