<   2011年 06月 ( 3 )   > この月の画像一覧

 

赤兎山

友人と以前から赤兎にと約束をしていたので、8時に小松で待ち合わせて、R157県境の谷トンネルを越えて勝山市に入り小原林道に入ります。
先日はゲートが閉まっていては入れませんでしたが、朝6時から夕方も5時まで開門しいて、ここで300円払います。
ゲートから、かなり深く林道を走って登山口(9:10)に着きました。
人気のある山で30台ぐらい車が止まっていました。
c0022275_20405078.jpg

登山口から、しばらく登ると沢伝いの登山道の脇にはリュウキンカ、オオバミゾホオズキの黄色い花やマイズルソウやユキザサの白い花が多く見られました。
c0022275_20411735.jpg

緩やかな登りを約1時間で大長山との分岐に着きます。
ここから少し急なガレ道になりますが、今日は雨上がりでぬかるんでいました。
c0022275_20423953.jpg
この辺りからは、ゴゼンタチバナとオウレンがたくさん咲いていました。
30分ほどで、大舟山の分岐に着いて、ここから最後の急登が少しありますが、30分ほどで赤兎山(1629m)の頂上に着きました。(11:30)
c0022275_20431150.jpg

頂上には数名のグループがいましたが、お昼には少し早いので、頂上から赤兎平の先の避難小屋に向かいました。
その先の道の脇には可愛いツマトリソウが咲いていました。
c0022275_20434199.jpg

途中に木道が敷かれた赤池があって、イワイチョウが咲いていました。
c0022275_20512392.jpg

この辺りはニッコウキスゲが群生する所ですが、今年は遅れていて2~3咲いているだけで、大半が蕾でした。
c0022275_2044282.jpg

モウセンゴケモも生育が遅れているようで見られませんでしたが、周りのウラジロヨウラクもいい色になっていました。
非難小屋辺りが団体で混んでいたので、その先のでお昼休みをしながら、目の前の白山を眺めていましたが、山頂付近の雲が切れなくて、見ることが出来ませんでした。
c0022275_20451997.jpg

真横にはいつも登る機会を失くしている大長山が見えていましたが、この山の分岐からは2.4kmで2時間近くかかります。
スがかかってきて、お天気も崩れそうなので、下山することにしましたが、次々と登ってくる人に出会いました。
c0022275_20464015.jpg

今日は、風のないところは蒸し暑いでしたが、高曇りで、まあ~天気で、初夏の花も何点か見られたし、友人と会話を楽しみながらの登山になりました。
帰り道には、一番好きな白峰の温泉の総湯に寄って、汗を流して戻りました。
[PR]

by hirospace | 2011-06-27 20:47 | 登山 | Comments(3)  

金剛堂山(富山県利賀村)

久しぶりに仲間3名と八尾で待ち合わせて、利賀スキー場の奥にある金剛堂山に登りました。
c0022275_837325.jpg

僕は知らなかったのですが、地元では人気のある山のようで8時過ぎに栃谷口登山口の駐車場に着いたのですが、満車でした。
雨の心配は夕方までないようで、うす曇で思ったより涼しかった(17℃)のですが、登っている内に直ぐに暑くなってきました。
c0022275_8382392.jpg

階段が多いと感じましたが、よく整備された登山道で、歩きやすかったです。
二輪草やラショウモンカズラ、ユキザサ、マイヅルソウと赤紫に色づいたウラジロヨウラクやオーレンなどの花が見られて、写真を撮りながらゆっくり登っていましたが、
c0022275_8392791.jpg

c0022275_19211144.jpg

途中から、ススタケ(ネマガリタケの富山県の呼び名)の採取が始まって、先に進まなくなりました。
c0022275_8472368.jpg

結構太くて立派なものも採れて、1時間ほど費やしたでしょうか?
仲間では、登山より山菜取りが目的だとも話していましたが、とにかく調子もいいようなので、山頂を目指しました。
c0022275_8542681.jpg

5kmの登山道を3時間程度で登れる山ですが、4時間かかりましたが、全員無事山頂に到着。
山頂はあまり広くないのですが、祠や立派な御影石の方位版があって、昼食をしている人で一杯でした。
c0022275_849596.jpg

曇って見えないと思っていたのですが、東方面には剣から立山から薬師が見えました。
また、西には人形山と残雪が多い白山も間近に見えました。
c0022275_850108.jpg

お昼を食べて、先の中金剛(1650m)には行く積もりがないということで、13:30分に下山しました。
c0022275_8523216.jpg

仲間は帰りにもススタケを採取する予定なので、僕は一人で下山しましたが、2時間で下りることが出来ました。
c0022275_851277.jpg

利賀村の天竺温泉で汗を流して、途中のお店によって、蕎麦処として知られているので、寄りましたが、ごく普通の蕎麦でした。
c0022275_85301.jpg

[PR]

by hirospace | 2011-06-13 08:55 | 登山 | Comments(3)  

大嵐山

初めは白川郷の奥にある籾糠山に行こうと思っていましたが、仲間の都合で1週間延ばして、一人で福井県勝山市にある赤兎山に変更して向かったのですが、林道が途中で通行止めになっていました。(12日に開通する予定)

それじゃあ何処に変更しようかと考えて、近くの取立山は先日登っているし、石川県の白峰・桑島に戻って大嵐山に登ることにしました。
この山は手近で、初心者には格好の山で年中賑わっていました。
3年前に、この会の仲間と秋に登りましたが、初夏に登るのは5年ぶりになります。
c0022275_18205858.jpg

入り口で山ガールと一緒になりましたが、この山は水芭蕉で知られているので、
見に来たというのですが、ちょっと遅いですよと・・と説明。
雪もすっかり消えて、やはり、この時期は花も終わり葉が大きくなっていました。
c0022275_18114216.jpg

でも、この山はブナの原生林がすごく綺麗で、僕はそれが楽しみにしていました。
今がブナ林が一番美しい時期で、林の中でしばし休息して、瞑想(迷想かな?)していました。
c0022275_1813237.jpg

稜線をあるいて、山頂の近くには少し急登がありますが、1時間半ほどで山頂(1204m)に着きます。
でも、山頂が狭くて、初めての人はこれが山頂?と不思議に思う人もいます。
c0022275_18134370.jpg

前に白山が見られるのですが、手前の鳴谷山に隠れて、少ししか見えませんし、今日もやっぱりかすんでいました。
c0022275_18142045.jpg

お昼を簡単に済ませて、物足りない?思いをしながらも下山開始。途中から別のルートを通っても1時間あまりで登山口に着いてしまいました。
c0022275_18152711.jpg

登山口の横にある給水所で洗面をして、冷たい水でのどを潤しました。
林道脇の藤や空木の花が綺麗でしたが、栃の花も見られました。
c0022275_18174359.jpg

そうだ、トチ餅を買って帰ろう!と思って、白峰の人気店「かんこの家」に寄って戻りました。
c0022275_18182578.jpg

[PR]

by hirospace | 2011-06-05 18:21 | 登山 | Comments(3)