<   2011年 09月 ( 3 )   > この月の画像一覧

 

銚子ケ峰

しばらく山から遠ざかったいてので、近場でと思いましたが、東海北陸道の高鷲ICから大日ヶ岳を見ながら、分かりにくい道を1時間足らず走って石徹白(いしとろ)と言う処にある「銚子ヶ峰」の登山口に9時過ぎに着きました。(ナビが無ければ行けなかったかも・・?)
駐車場には10台足らずの車が止まっていましたが、立派な休憩所とWCがありました。
c0022275_20374058.jpg

この山は白山古道になっていて、別山から白山に続いています。
登山口からは430段の石段が天然記念物の指定を受けている「石徹白の大杉」というところまで続きます。
立派な杉で、樹齢1800年周囲14mで高さは25mになっていますが、先は枯れて、幹の途中から目が出ていました。
c0022275_20381368.jpg

その先の登山道は大半がなだらかで、ブナ林が続きます。
途中からはミヤマリンドウの花が登山道脇に群生して咲いていて、目を楽しませてくれました。
c0022275_20413794.jpg

2kmから3km地点の途中にしばらく急登がありましたが、
避難小屋に2時間で到着しました。
ちょっと早かったのですが、立派な綺麗な小屋で、お昼にしました。
c0022275_20384511.jpg

途中に大きな母御石があって、山頂が見えるのですが、もう少し~と思いながら、意外と時間がかかりましたが、13時に1810mの山頂に到着しました。
c0022275_20401699.jpg

誰もいなくて、別山が見られないか、写真を撮りながら待っていたのですが、雲に覆われて見ることが出来ませんでした。
c0022275_20404182.jpg

雨がポツ~と来たので、30分の休憩で下山することにしましたが、それ以上雨は降りませんでした。
登りに1時間かかった道も下山は急いで30分でした。
避難小屋でコーヒーを飲んで、一気に下山すると、2時間半で下りてしまいました。

高度差990m、往復10km所要時間5時間のコースですが、しっかり山に登った感じもあって、日帰り登山を満喫しました。
帰り道に大きな露天風呂のある炭酸カルシウム温泉「満天の湯」に寄って、汗を流して、家路に着きました。
[PR]

by hirospace | 2011-09-27 20:42 | 登山 | Comments(5)  

ちょっと秋色に

東日本震災から6ケ月経ちました。
紀伊半島の水害の被災地復旧も捗っていませんが、
こちらでは被災地の方には申し訳ないぐらい平穏で
今日も空には大きな入道雲が広がって厳しい残暑になっています。

c0022275_17202846.jpg

でも、ちょっと里山の方に足を向けると、畦にはコスモスが咲いて、
c0022275_17193831.jpg

土手にはススキの穂も開き出して、雑草地にはエノコログサも輝いて、
c0022275_17181326.jpg

ツリフネソウやミズヒキも咲いて小さな秋も感じました。
c0022275_171911.jpg

[PR]

by hirospace | 2011-09-11 17:27 | 草花 | Comments(3)  

白山百膳

白山麓の山登りをした帰りは、たいてい温泉に入って汗を流してから、蕎麦屋に寄る事がよくあります。

先日は鳥越にある人気のある店「一揆そば長助」という店に寄りました。
この店は温かい蕎麦には よもぎ餅の天ぷらが入っています。
お昼も「おろしそば」を食べていたので、どうしようか?迷った挙句、
僕は堅豆腐の刺身が付いた「一揆御膳」にしたのですが、
一膳で0.5合のご飯をやっと食べている僕には相当な量になりました。
c0022275_1645406.jpg


友人はご飯が山にように盛られた「もっそう膳」を注文をしていましたが、若くて食欲が旺盛なのですね。
大盛りのご飯に、お餅の入った蕎麦を普通に食べていました。
c0022275_16552785.jpg


白山麓の旅館や食事処では「白山百膳」と総称して、
地元の食材と水を使って調理したものに「○○膳とか○○御膳」と名付けています。
実際には31店で53膳しかないのですが、蕎麦に堅豆腐や地野菜の天ぷらや煮物が付いています。
[PR]

by hirospace | 2011-09-04 16:57 | 料理 | Comments(4)