<   2012年 10月 ( 4 )   > この月の画像一覧

 

チブリ尾根

土曜日は午前中が仕事になっているので、出向くのが難しいのですが、山友から女性4名なので、付き添って欲しい!と頼まれて、断ることも出来なくて?、自分も行きたい山だったし、仕事を調整することが出来たので了解しました。
c0022275_12471589.jpg

7時に市ノ瀬ビジターセンターで待ち合わせ。
7:30猿壁の登山口から登りました。
別山まで行きたかったのですが、仲間はチブリ尾根非難小屋までの予定でした。
それでも5.2km近くあるので、ゆっくりだと4時間はかかるようです。
お天気も良くて、紅葉もすごく綺麗です。
写真も何度も撮って、元気な女性の声が山に日々に響いています。
c0022275_12494046.jpg

急な登りはないのですが、実に長い道のりです。
でも、途中から白山が見えたり、ブナの黄色から赤色のモミジの紅葉を眺めたり、おやべりを楽しんでいたので、退屈は全くしませんでした。
c0022275_1249733.jpg

1500mほどの高さになると、周りの紅葉した山々が見渡せて、これにまた全員が感動です。
この山に来たかった意味が理解出来ます。
c0022275_12521355.jpg

予定の4時間で、1900mチブリ尾根の非難小屋に到着です。(11:00)
風が強くて、小屋に入らないと寒かったです。
別山から積雪が多くて、軽アイゼンでは無理で引き返してきたという人が数組いました。
c0022275_12535235.jpg

正面に御舎利山が見えていますが、別山の山頂はガスで見えませんが、白山から南竜ヶ馬場への大屏風は綺麗に見えていました。

朝が早かったので、小屋の中で昼食にしました。
湯を沸かし、温かいカップラーメンがおいしかったです。
行ける所まで行きますと言って、別山に向かう人もいましたが、我々はここから12時に下山することにしました。
c0022275_12543813.jpg

日が上から照って、紅葉が光を通して、また違った美しさがありました。
下山も話が途切れることなく、ゆっくり歩いていたのですが、予定通りで、3時間余りで、登山口に着きました。
いつもなら、お風呂に入って、戻るのですが、仕事が残っていたので、事務所に寄って、戻りました。
お天気も良く、白山の紅葉を間近に楽しむことが出来て、無理をした甲斐があったと思いしました。
c0022275_1256414.jpg

[PR]

by hirospace | 2012-10-28 12:56 | 登山 | Comments(5)  

万波高原でBBQ

富山県の八尾から山道を進み、夏に訪ねた白木峰の分岐を直進して、どんどんと奥に進むと、万波高原という所に着きました。
c0022275_13402851.jpg

850mぐらいの標高でしたが、奥山で寒暖の差が大きいのか?すっかり紅葉が進んでいました。
c0022275_13413128.jpg

一番の目的が山ブドウの採取でしたが、かなり高いところに実がなっているので、高枝はさみでつまんで、採りました。
でも、ジュースにするほど沢山は採れなかったので、何方かが、果実酒にすると話されていました。
また、マタタビやムカゴの実も採って、食べましたが、面白い体験でした。
c0022275_1345163.jpg

そして、最高のご馳走が夏に釣った天然アユを冷凍保存をしてくれた方の世話で、大きいものは川で洗いながら、串にさして、あぶり焼きの準備をしました。
c0022275_13452832.jpg

炭火が起きて、焼き上がるまで、時間がかかりそうなので、餃子や野菜を焼いて、頂きました。
キノコ汁も出来上がり、アユも焼けてきました。
c0022275_13461246.jpg

天然のアユを食べる機会はほとんどありませんから、香があって、実も甘くすご、頭から丸かじりしましたが、すごく美味しかったです。
BBQと言えば、普通は焼肉なんでしょうが、こんな乙な企画も有難いものです。
秋晴れの紅葉の下で、仲間と歓談しながらの、会食はとても楽しくて、最高でした。
c0022275_1351219.jpg

[PR]

by hirospace | 2012-10-22 13:48 | 登山 | Comments(3)  

鈴ヶ岳から大日山を縦走

8:30登山口 9:30出作り小屋 11:00鈴ヶ岳山頂 
11:30カタクリ小屋12:30大日山山頂
13:30下山 14:30鈴ヶ岳 16:15登山口

c0022275_12455812.jpg

鈴ヶ岳は僕のバックカントリーですが、その奥にある大日山には単独では登ったことがあるのですが、鈴ヶ岳から縦走をしたことがありませんでした。
c0022275_12475121.jpg

と言うのも、一度下って正面に大日山を見上げて、あそこまで登るの?と思うと、気力がなくなって、退却していましたが、今日は早めに登って時間はたっぷりあったし、連れもあって楽しく、全く問題なく登れました。
c0022275_12482328.jpg

1365mの低山ですが、鈴ヶ岳から縦走すると僕の足では登りで4時間かかるので、ちょっと覚悟が必要だからです。
今日は快晴の予報でしたが、お昼からはウス曇で絶好の登山日でしたが、この山には意外と登山者は少なかったです。
c0022275_1248509.jpg

c0022275_12513011.jpg


このところガスがかかって見えなかった白山山頂も今日は見ることも出来たし、紅葉も始まって、場所によっては綺麗なところもあって、しっかり秋山を歩いた充足感ももありました。
c0022275_12492988.jpg

[PR]

by hirospace | 2012-10-15 12:51 | 登山 | Comments(4)  

志賀高原の紅葉

紅葉が見たくて、志賀高原に出向きた。
お天気がちょっと気がかりだったのですが、現地に着いた頃はうす曇でした。
c0022275_15101613.jpg

紅葉のスポット一沼には沢山の愛好家が大きなカメラを立てていました。
雨も風もなかったので、沼に紅葉が刷り込んでいる構図は綺麗ですね。
また、霧が少し被っている風景も幻想的でした。
c0022275_15103615.jpg

お池めぐりをして志賀山に登る予定で、硯川の登山口から登りましたが、やはり気温が低くて、しっぱりジャンパーを着込みました。
c0022275_15114093.jpg

1時間ほどあるいて四十八池に着いたのですが、しばらくでガスに覆われて来たので、志賀山にも登らずに、下山しました。
紅葉はしているのですが、この辺りは落葉樹が少なくて、ちょっと物足りない気がしました。
c0022275_15122694.jpg

車に乗ると雨も降ってきて、横手山の麓の「のぞき」に向かいましたが、霧のなかでした。
そして群馬県との県境になる渋峠まで行きましたが、ガスが切れることもなく、雨も強くなってきたので、諦めて下山することに、時間も早かったので奥志賀高原の方に回ったのですが、低くなるとガスも切れてのですが、紅葉はなおさら早い感じがしました。
c0022275_15132096.jpg

[PR]

by hirospace | 2012-10-08 15:13 | 風景 | Comments(1)