<   2013年 05月 ( 4 )   > この月の画像一覧

 

銀杏峯に登る

先週、山中温泉近くの火燈山に登った折に、少し遠くに見えていたのですが、福井県大野市郊外の「銀杏峯」(げなんぽう)と池田町の「部子山」(へこさん)という読み方が変わった山が気になっていました。
「銀杏峯」は花の多い山と書かれていたので、会の仲間を誘って出向きました。
久しぶりの大野市は道路が新しく整備されていて、ちょっと間違ったのですが、登山口の「宝慶寺いこいの森」に8:30に着きました。
c0022275_161444.jpg

「銀杏峯」は周回ができるので、上りにどちらのコースを選ぶかという事ですが、僕が予定をした逆のコースの方が楽だと言う事で「名松コース」を選びましたが、これが正解だったようです。
c0022275_16152415.jpg

1440mですが、高度差が966mあって、直登のようですから、急登になっているということですね。
「名松コース」は急坂と平坦が繰り返されて、それほど酷いコースではありませんでしたが、今日はペースが上がらず、最後尾をゆっくりとマイペースで歩いていました。
前山からは「荒島岳」が近くに見えていました。
c0022275_1621772.jpg

9時から登って、12:30山頂到着ですから標準タイムのようですが、景観もなく、花も見られなくて、かなり疲れを感じました。
c0022275_1616722.jpg

山頂からの展望はガスがかかって、白山も薄っすらとしか見えませんでしたが、人気のある山で関西からの登山者もおられて賑わっていましたが、知人にも会いました。
c0022275_8302698.jpg

そして、頭上に虹が水平に見ええる珍しい「水平環」が見られたのは幸運でした。
c0022275_1617980.jpg

今日の山の楽しみは変わった花に出会うことでしたが、春から夏の端境期で花も少なく、間違ったコメントを真に受けてもいたようで、黄スミレがあっただけでした。
c0022275_16174755.jpg

山マシャクは時期が早いことを承知をしていながらも、若干の期待もありましたが、やはり開花が近いクリーム色の蕾とまだ固い緑の蕾が、大変急なところに1個ずつあっただけでした。
このコースを上りに使っていたら、途中で登るのを止めていたかも知れないほどの急登が続いていました。
c0022275_16182517.jpg

急な坂道を2時間半かかって下山したのですが、その後もここから駐車場まで林道を1時近く歩くことになるとは全く予想をしていませんでした。(僕の下調べのミスでした)
そのため、勝山の温泉「水芭蕉」に着いたのが、17:30ごろになって、帰りが遅くなりました。


[ 拡大 ]
[ 拡大 ]
[PR]

by hirospace | 2013-05-27 16:21 | 登山 | Comments(1)  

スズランが見ごろになりました

今日は清々しい日になっています。
c0022275_16222099.jpg

今年も事務所横に植わっているスズランの花が見ごろになりました。
陰気なスペースなのですが、この花が咲き出すと、ちょっと華やかになって、初夏の感じがあります。
c0022275_1622498.jpg

真っ白で可愛い花で、何とも言えない愛着がありますが、実は有毒の植物です。
美しいものには棘(毒)があるということでしょうか?
c0022275_16232993.jpg

[PR]

by hirospace | 2013-05-17 16:23 | 草花 | Comments(2)  

干しゼンマイとワラビ・・

この連休の3日、4日と石川と富山で山菜を採って、5日と6日は掃除から、下茹、灰汁出しをしたり、調理をして過ごしていました。
遠出をせずに、お天気がいいのに、山にも登らないで、こんな過ごし方をしたのも初めてでしたが、それなりに楽しく寛げました。
こういうことが楽しいと感じるのは年を往った所為もあるのかな?とも思いました。
c0022275_154983.jpg

ゼンマイは後の処理が大変だからと思っていたので、これまであまり採取しなかったのですが、楽な場所でそれなりに採取できたし、自分で全部の作業をするのも、ちょっと楽しみがありました。
c0022275_155392.jpg

綿を掃除をして、水洗いをして、重曹を入れて、さっと茹でて、冷めるまで置いておくと、灰汁が出て茶色に生っていました。
そして、一晩水に漬けてお聞きまいしたが、また水が茶色くなっていました。
c0022275_1552529.jpg

お天気が続くので、天日に干しましたが、1時間毎に揉んで、また干すとシワ~になってきました。
c0022275_17253434.jpg

そして、2日目になると黒い針金のようになって、嵩が驚くほど少なくなりましたが、それなりに上手く仕上がったようで、ほっとしました。


c0022275_157372.jpg

ワラビも茹でて、灰汁出しをして、めんつゆとお酢の出汁に着けて、一味を降って頂きました。
c0022275_1575255.jpg


c0022275_1582087.jpg

ノブキの作業も手間なものです。
塩を降って、板ずりをして、茹でる作業を繰り返して、灰汁と棘棘を取り除いて、炒め煮にしまいた。
c0022275_159457.jpg


友人に山菜を上げると、お返しに、地物のタケノコをもらったり、この時期には海で若布が取れるので、生の若布をいただいたり、物々交換をしていました。

スローライフな時間を過ごすのも年相応でいいのかなぁ~。

http://smcb.jp/_photo_list?pic_album_id=2117693
[PR]

by hirospace | 2013-05-07 15:11 | 料理 | Comments(1)  

山菜採り

この連休は遠出をしないで、近場で遊んでいます。
石川県の山中温泉の山手に大きな森があって、自然公園になっています。
散策や渓流遊びとキャンプ場などがあって、家族・グループで楽しめるところです。
c0022275_21111067.jpg

今日は会の仲間と一緒に散策を兼ねて、山菜採りを楽しんで来ました。
c0022275_21105747.jpg

手頃なところに適当なゼンマイが生えていて、沢山収穫が出来ました。
コシアブラは少し大きくなっていたので、採取しませんでした。
たらの芽はあまりありませんでしたが、採取されていたようです。
コゴミもいたるところに生えていましたが、少し大きくなっていたので、先っぽの方を採取しました。
c0022275_21153293.jpg

一番の目的は山葵だったのですが、採取できるところが少ないのですが、想定外のところで大きな群生を見つけて、楽々といっぱい採取出来たので、一同が満足しました。
c0022275_21162940.jpg

お昼を食べていると、珍しいオオルリが近くまで飛んできたので、コンデジでしたが、何とか撮れていたのが幸運でした。
c0022275_2119333.jpg

朝方は曇っていて、少し寒かったのですが、歩いていると丁度良くて、新緑になりかけた森の中や渓流が心地よい音をあげて流れている光景を眺めたりして、すっかり癒されました。
c0022275_21203179.jpg

[PR]

by hirospace | 2013-05-03 21:20 | 草花 | Comments(2)