<   2015年 03月 ( 4 )   > この月の画像一覧

 

カタクリ

今日は気温が20℃超えで、一気に陽春になっています。
近くの丘のカタクリが見ごろになってきました。
c0022275_12445598.jpg

カタクリは1年のうちの10ヶ月の間は地中で過ごし、種子が地中に入ってから約8年目でやっと葉を出して開花します。
c0022275_12453470.jpg

そして開花期間は2週間ほどと短く「スプリング・エフェメラル(春の妖精)と言われています。
カタクリの花言葉は「初恋」「寂しさに耐える」とありますが、僕の誕生日(28日)にお洒落な姿を毎年見せてくれるのは有難いことだと思っています。
c0022275_1246731.jpg

キクザキイチゲもショウジョウバカマも咲き出しています。
c0022275_1246263.jpg

[PR]

by hirospace | 2015-03-31 12:46 | 草花 | Comments(2)  

行者にんにく

前のページに参照の門前の雪割草を訪ねたときに、っ自生しているのですが、採取が禁じられているので、地元の方に頼んで栽培されている「行者にんにく」を買って来ます。
c0022275_1425156.jpg

「行者にんにく」と呼ばれるのは北海道や東北の高山に自生しているものを行者の栄養源として好んで食べられたところから由来しているようです。
c0022275_14165618.jpg

また、幻の山菜とも言われるのは発芽するのに2年かかり写真のように15cn程になって採取されるのに
5年ほどかkるところから、天然ものが採掘されて激減しているからです。
今では畑で作られているところも多く見られて、お店でも並んでいるのを見受けます。
c0022275_14171780.jpg

にんにくですから、臭いも結構強いですが、成分のアリシンが疲労回復や免疫効果もあるようです。
醤油漬けなどにして、保存すると一番いいですが、刻んで温かいご飯に載せていただくのも美味しいです、炒飯やラーメンの具にも最適です。
c0022275_1417551.jpg

また、豚肉との相性もいいので炒め物にしたり、天ぷらや卵とじや酢の物にしても乙な食材です。
[PR]

by hirospace | 2015-03-25 14:18 | 料理 | Comments(1)  

奥能登の雪割草

奥能登・輪島市門前にある雪割草の自生地に今年も行って来ました。
県内でも家から現地まで150kmあって、2時間半ほどかかります。
c0022275_20395886.jpg

毎年、3月の第3土日に総持寺の門前をメイン会場にして、「雪割草まつりと門前そば祭り」が開かれています。
c0022275_2041350.jpg

今年は花の状態も最高で、お天気も良かったので、たくさんの人で賑わっていました。
c0022275_2045385.jpg

深見地区からの上りはいきなりの急登ですが、30分ほど歩くと綺麗な花が見られるようになります。
c0022275_20414564.jpg

c0022275_20472957.jpg

一番綺麗な群生地から猿山灯台までは3kmほど山道を歩くとたどり着きます。
群生地の広がりは大きいのですが白い花が多くてあまり見ごたえがないので、今回は赤い花の多い深見地区だけ見て、下山しました。
c0022275_2045415.jpg

そして、好物の行者にんにくをお土産に買って帰りました。
[PR]

by hirospace | 2015-03-21 20:47 | 草花 | Comments(0)  

セツブンソウ (伊吹山麓)

お彼岸が近づいているのですが、伊吹山麓のセツブンソウの自生地では今が見ごろで、久しぶりに訪ねました。
昔はひっそりとした所でしたが、今ではお祭りもあって、いろんな企画もされています。
c0022275_1938579.jpg

セツブンソウはイチリンソウと同じキンポウゲ科の花でスプリングエフェメラル(春の妖精)の一つです。
2~3cmの小さな花ですが、すごくお洒落な感じのする花です。
c0022275_19413187.jpg

背丈が低いですから、地面に這うような格好でないと、花の模様が上手く撮られませんが、小さな蕾が点在しているので、うっかりすると踏んでしまいそうになります。
c0022275_1942157.jpg

また白い花だけですがユキワリソウや近くのお寺には福寿草も黄金色に光っていました。
c0022275_19422850.jpg

c0022275_19424284.jpg

[PR]

by hirospace | 2015-03-15 19:43 | 草花 | Comments(1)