<   2015年 07月 ( 3 )   > この月の画像一覧

 

伊吹山 夏のお花畑

c0022275_1123657.jpg

伊吹山に行こう!と珍しく友人から誘われたのですが、登山だと思っていたら、バスで伊吹山ドライブウェーで山頂のお花畑を見るコースでした。
c0022275_113432.jpg

この猛暑の時なら、それも悪くないかな?と思って、バスツアーで伊吹山に行ってきましたが、シモツケソウも疎らで、ニッコウキスゲやコバイケソウはなく夏の花はこれからなのか?、少なかったですが、山頂からは琵琶湖や登山道がきれいに見ていました。
c0022275_1145073.jpg

花の先が割れたイブキフウロ
c0022275_1153211.jpg

カワラナデシコ
c0022275_1436193.jpg

イブキジャコウソウ
夏休みで、連休最後の日で、9合目の駐車場は満車で、山頂の広場も家族連れで一杯でした。
本来の登山道の方も多くの人が上り下りしていました。
c0022275_11102999.jpg

[PR]

by hirospace | 2015-07-21 11:07 | 草花 | Comments(2)  

白木峰

富山県・八尾市の市街地から大長谷のキャンプ場を過ぎて、さらに林道を進むと白木峰の登山口が2ヶ所ありますが、さらに進むと最後の登山口の駐車場(トイレもあり)があります。
c0022275_14252764.jpg

ニッコウキスゲやコバイケイソウが見頃の白木峰は混雑するだろうと分かっていましたが、今日は最高の混雑で、、いつもの最終駐車場から1kmほど手前の路肩に駐車しました。
会の参加者は3名と少なかったのですが、登山口で富山の方と合流して6名で行動しました。
c0022275_142764.jpg

急登を避けて、いつもとは逆に林道をから山荘の方へ登りました。
c0022275_14291855.jpg

ニッコウキスゲはそれなりに咲いていましたが、広く点在している状態で、むしろ人の方が多い?ように感じました。
c0022275_143158.jpg

でも、コバイケイソウはもう終わりで、わずかしか見られませんでしたが、池塘のワタスゲはいい感じでした。
c0022275_14335974.jpg

モウセンゴケ、トキソウも見られましたが、圧倒的にイワイチョウがの群生が目立って咲いていました。
c0022275_14345754.jpg

細い木道での交差も大変で、終点の浮島の池は人だまりになっていました。
場所を交代してもらって、お昼にしました。
c0022275_14354457.jpg

正面には立山から薬師、槍、穂高、乗鞍、御岳が見渡せる最高の場所です。
c0022275_14363764.jpg

お天気も良く、高原からの眺望は最高で、吹き抜ける風は下界の暑さを忘れさせてくれる天然のクーラーでした。
c0022275_1438270.jpg

[PR]

by hirospace | 2015-07-13 14:38 | 登山 | Comments(2)  

白山日帰り (砂防新道)

前日、雨予報で一旦は中止にしたのですが、夜中に天気予報を見ると晴れ・・、早朝、慌てて準備をして白山に向きました。
11日からの週末は市の瀬から混雑期の交通規制にはいるので、今日は別当出合の駐車場まで入れましたが、満車でした。
c0022275_9789.jpg


6:50 別当出合 7:40 中飯場 9:00甚之助小屋 
c0022275_99232.jpg


この辺りから残雪も所々に見られ、雪渓を渡る処もありました。
c0022275_9114948.jpg


黒ボコ岩への急登り辺りには
c0022275_9145760.jpg

リュウキンカ、キンポウゲ、シナノキンバイが満開でした。その中にハクサンフウロの紫色が目立っていました。
c0022275_9193156.jpg

c0022275_920273.jpg


また、室堂の手前には去年ほとんど咲いていなかったコバイケイソウが見られました。
c0022275_9202895.jpg

11:00 室堂着ですから、4時間10分

ここで早めの昼食に弁当を食べました。
そして、ザックをデポして、御前ケ峰に向かいました。
c0022275_9315218.jpg

途中、クロユリが結構咲いていました。
c0022275_9243787.jpg


12:00に山頂に到着です。
c0022275_925741.jpg

ここから、室堂に戻る積りだったのですが、下の池のコバルト色に吸い込まれるように、お池の方に下りました。
c0022275_9254317.jpg

ところが、池の当たりから、ガスが酷くなって、雪渓もあって、道が分からなくってしましました。
c0022275_933156.jpg


このままでは事故になると思って、来た道を探し当てて戻っていると、表示盤が見つかってホッとして、山頂に無事に戻ることが出来ました。
c0022275_9283397.jpg

この時間(14:00)になると、あの混雑が嘘のように、山頂も室堂も人がほとんどいませんでした。
雲が低く下りてきて、時折雨も降ってきたので、
14:30室堂から下山を急いで、別当出合に17:30に到着しました。(下り3時間)
c0022275_9301428.jpg

お池回りのトラブルを含め約11時間、15kmほど歩いたのかな?、痙攣や足がつることもありませんでしたが、かなり疲れました。
ちょっと知っているからとして、単独で、無謀なことはしてはいけないと、反省しています。
[PR]

by hirospace | 2015-07-07 09:33 | 登山 | Comments(1)