散る桜 残る桜も 散る桜(良寛)

市内の桜の名所「芦城公園」の桜も、先日の雨風で散った桜の花びらが一部は散りばめられていました、
そして、今日は沢山の人がお花見を楽しんでいましたが、残った桜も、ひらひらと一枚~と散っていたのですが、一斉に散るときは桜吹雪のようになって、風情があります。
c0022275_181810100.jpg

桜ヶ池の水面には散った花びらが流されていました。
満開の桜もいいですが、僕はこの時期の桜に一番親しみと季節の移ろいを感じています。
c0022275_18183766.jpg

余談になりますが、
表題の「散る桜 残る桜も 散る桜」というのは良寛和尚の辞世の句と言われている歌で、僕の好きな句ですが、
意味は、「今どんなに美しく綺麗に咲いている桜でもいつかは必ず散る。そのことを心得ておくこと。」というように受け取られ、要は「いのち」には限りがあるということですね。
c0022275_18185872.jpg

また、「明日ありと思う心のあだ桜 夜半に嵐の吹かぬものかは」という歌も同様に気になる句ですが、これは良寛和尚の句から親鸞聖人が得度をされる時にお詠みになられた句と伝えられています。
この句は。「明日があると思い込んでいる気持ちは、いつ散るかもしれない儚い桜のようで、夜に嵐が吹こうものならもう見ることはできまない」という意味でしょうが、
c0022275_18192657.jpg

この二つの歌から伺えることは、私たちは今、生かされている命を「如何に生きるか」ということ大切だということではないでしょうか?
[PR]

# by hirospace | 2016-04-09 18:19 | 風景 | Comments(2)  

カタクリが満開!

今日から新年度の始まりですね。
公園の桜の花もこのところの陽気から満開に近づき、
新入生の入学を待っているかのように、和ませてくれています。
c0022275_156042.jpg

また、市内の外れにある丘のカタクリが満開になって、スプリングエフェメラルの舞台になっています。
c0022275_1561920.jpg
 三姉妹
c0022275_1565446.jpg
 従姉妹
c0022275_157287.jpg
 姉妹
カタクリの写真に夢中になっていたら、頭上で「ドス~~・・」と音がしたので、何? イノシシ? 
c0022275_158144.jpg

茶色いものが通っていくのが見えたので、見上げると
なんと、ニホンカモシカです。
c0022275_1581622.jpg

それに、遠ざかるのではなくて、5mほどの処にまで近づいて、1分ほど、「何をしているのか?」と言わんばかりに、こちらをじ~と見ていました。
こんなに、近づいて来たのは初めてだし、しかも山の中でなくて、直ぐ近くに学校はあるし、その先にも住宅地もあるし、長らくこの丘に通っていますが、こんな処で遭遇したのは初めてでした。
c0022275_1592974.jpg

c0022275_1510830.jpg

[PR]

# by hirospace | 2016-04-01 15:10 | 草花 | Comments(4)  

赤祖父山登山と福寿草を撮る

3月の定例山行きは赤祖父山
麓の「ゆうゆうランド花椿」の駐車場で富山の5名と9時に合流して、登山口に向う。
c0022275_1002945.jpg

福寿草の自生地がある旧道は崩れているところがあるとのことで、新しい?扇山からの登山口から登る。
登山道は日陰になっていて、落葉が凍みていた。
c0022275_1005784.jpg

途中から残雪が出てきて、急な上りが続いて、林道に出るまでかなり時間がかかりました。
そこからも結構急な上りが続いていましたが、カンジキも付けるほどでなくて歩けました。
c0022275_1012319.jpg

途中、展望がいいところからは砺波平野の散居村が綺麗に見え、また、富山平野から新湊方面も見渡すことが出来ました。
c0022275_1015210.jpg

庄川峡の観光船
c0022275_1022653.jpg

そして、白山や後立山の山並みも見渡せました。
c0022275_1044050.jpg

扇山の山頂まで2時間半かかりました。
c0022275_1051938.jpg

赤祖父山までさらに30分ほどかかるので、女性軍は扇山で待っていると話すものの、気を持ち直して、全人で12:30・3時間かかって到着です。
c0022275_1053867.jpg

c0022275_1055682.jpg

ちょっと風が冷たかったのですが、日が差すとそれほど寒くもありませんでした。
昼食を食べて、ちょっと陰って来たので、早々に下山開始し、休憩なしの2時間で登山口に帰着。
c0022275_146119.jpg

下山後、福寿草の群生地も寄って、帰路に「ゆうゆうランド花椿」に寄って汗を流しました。
c0022275_1063559.jpg

c0022275_107871.jpg

お陰様で、お天気にも恵まれて、仲間で楽しい登山が出来ました。
この程度の山が自分の体力に適していると思いました。
[PR]

# by hirospace | 2016-03-27 10:07 | 登山 | Comments(4)  

能登・猿山の雪割草

のと里山里海街道は無料になって、便利になりましたが、連休の所為かかなりの混み合いでした。
c0022275_14252984.jpg

門前まで小松から125kmあって、そこから猿山まで、さらに小1時間ほど迂回して行かないとならないので、
最近は近い深見地区の方に出向いていましたが、
c0022275_1414212.jpg

3/12に猿山へのトンネルが開通して、15分短縮出来ることなったので、その道を初めて通りましたが、実に早く皆月(七浦)に着きました。
c0022275_14143842.jpg

猿山には大きな駐車場・WCもあって、300円の協力金を払って、遊歩道に入ります。
c0022275_14233067.jpg

今日の猿山は風が少し強くて、気温も9℃で、花が開いていませんでした。
そして、やはり白い花が多くて、深見地区のような紅や濃いピンクの花は少なかったです。
c0022275_142627100.jpg

猿山から3.4km歩いて深見に行こうと思っていたのですが、深見から来た人が、同様に開いていなかったと話すので、行くのを止めて、灯台の下で、お昼を食べて、下山することにしました。
c0022275_14241970.jpg

帰路に道の駅七浦で、ここに来たときは「行者にんにく」を買うのが楽しみなので、今日は残りの3袋(300円)を買いました。
c0022275_14245891.jpg

[PR]

# by hirospace | 2016-03-21 14:26 | 草花 | Comments(2)  

憩いの森(小松)

今日は寒気も抜けて、快晴の春らしい陽気になっています。
c0022275_15125981.jpg

市内の外れに美しく整備された広大な森に樹木を水面に映す静かな池の周囲には、森林浴などに最適な環境が整っている。
白山麓から移築した古い民家、野鳥の群れや冬には渡り鳥なども見られ、落ち着いたひとときを過ごすことが出来ます。
c0022275_15131615.jpg

お天気が良くなって、お昼休みに散策して、植栽された山野草の花を見てきました。
c0022275_15134893.jpg

雪割草や一輪草も少しずつ増えて来ました。
c0022275_1514094.jpg

水芭蕉が芽を出し始めていましたが、早、一株だけ白い花苞を付けていました。
c0022275_15142090.jpg

ヒュガミヅキのかわいい花も満開になっていました。
散歩を楽しんでいる人も沼や羽を休めているカモもたくさん見えました。
c0022275_1517293.jpg

[PR]

# by hirospace | 2016-03-17 15:17 | 草花 | Comments(4)  

東大寺・二月堂のお水取り

二月堂の「お水取り」の法会は天平の時代から1260年以上一度も休むことなく続く伝統行事で、 寒い真冬の夜に、大松明を持った童子が観客の頭上に火の粉を散らしながら舞台を回ります。
c0022275_18515383.jpg

現在では3月1日より2週間にわたって行われていますが、もとは旧暦の2月1日から行われていましたので、二月に修する法会という意味をこめて「修二会」と呼ばれるようになりましたが、二月堂という名もこのことに由来しています。
c0022275_18584027.jpg

お松明は、二月堂に上堂する練行衆の道明かりとして灯されるのですが、12日の籠松明ともなると、長さ6mほどの根付きの竹の先端に、杉の葉やヘギ・杉の薄板で籠目状に仕上げ、直径1mほどの大きさの松明に仕上げられて12本続けて灯されるので、特に見応えがあります。
c0022275_18595180.jpg

c0022275_1922045.jpg

そして、お松明の行事が終わった深夜には、3月2日に若狭の井戸から観音さまにお供えする「お香水(おこうずい)」を汲み上げる儀式が行われます。
c0022275_1935469.jpg

(若狭・神宮寺から遠敷川に沿って2km先の「鵜の瀬」まで練り歩き、到着後は住職が祝詞を読み上げて、竹筒から「お香水」を川に注がれる・・お水送り)
このお水取りが終わると、温かくなっているのが、関西では「お水取りが終わらないと暖かくならない」という言い伝えもあります。
c0022275_1931128.jpg

[PR]

# by hirospace | 2016-03-13 19:04 | 祭事 | Comments(2)  

簡単にローストポークを作る

豚ヒレ肉にたっぷり、塩コショウする。
c0022275_1492995.jpg

フライパンにバターとにんにくスライスを入れて香りがたったら、ヒレ肉の表面を焼く。
(後で使うからフライパンそのまま に)
c0022275_1495184.jpg

ラップを広げて、表面を焼いたヒレ肉を包み、それをさらにジップロックに入れて、しっかり閉じる
c0022275_141053.jpg

沸騰したお湯の中に3を入れて15分、表裏返してさらに15分放置。(保温のため蓋はする)
c0022275_14102361.jpg

30分あっためてる間に、フライパンに、タレの材料(赤ワイン、醤油、みりん)を入れて、煮たたせて、アルコールとばす。
c0022275_1412441.jpg

タレをジップロックとかに入れて、あっためた豚をラップをはがして入れて、半日ほど漬けて置けば完成です。
c0022275_1420185.jpg

ローストポークはメインでも、お酒のつまみやサンドウィチなどにも使えます。
[PR]

# by hirospace | 2016-03-10 14:16 | 料理 | Comments(2)  

文旦のピール

親戚から高知のお土産と言って、土佐文旦を頂きました。
c0022275_13323059.jpg

文旦は大きいので皮も沢山あって、捨てるのももったいない気がしたので、ピ-ル(砂糖煮)にしました。
c0022275_13325437.jpg

文旦は苦みが強いので、皮のわたを取り除いて細切りにした後、鍋に水を一杯にして2度ほど煮出して苦みを取り除きます。
c0022275_13333344.jpg

それに砂糖を加えて、水分がなくなるまで煮詰めて、
c0022275_13335765.jpg

オーブンで30分ほど乾燥させます。
c0022275_13341981.jpg

温かいうちにグラニュー糖をまぶして、さらに乾燥させれば甘くてちょっぴりほろ苦いピールの仕上がりです。
c0022275_13351170.jpg

[PR]

# by hirospace | 2016-03-05 13:35 | 料理 | Comments(0)  

雲谷山(若狭美浜)

c0022275_9111411.jpg

国道27号線の横にある北国三十三箇所観音霊場札所第七番石観音の駐車場に車を置き、横の階段を登ると石観音の本堂に着きます。
c0022275_9114088.jpg

お参りを済ませ、身支度を整えたら、本堂の横に登山口と書いた看板があるので、そこから登り始めます。
c0022275_9122851.jpg

道は雑木林の急斜面にジグザグに付けられており、15分程で第一展望台に着く。ここは展望台というの名の割には、あまり展望がききません。
c0022275_9125568.jpg

さらに15分程遊歩道を進むと、第ニ展望台に着く。ここからは三方湖や水月湖の眺めが素晴らしいです。
c0022275_9134832.jpg

さらに第三展望台に向かって進むと、第三展望台には展望小屋もあり、三方五湖全部を見渡すことができます。
c0022275_9141562.jpg

なお、第三展望台の直下まで、石観音か ら林道が上ってきているので、急ぐ場合、ここから登ってもここまでハイキング気分で楽しむことが出来ます。
第三展望台からさらに尾根上の遊歩道を進むと、かなり歩いた頃に、遊歩道から分かれ左に入っていく道があります。
c0022275_9144811.jpg

ここには標識があり、この道が雲谷山への登山道になります。
ここからは長い山道となり、尾根道を上り下りを繰り返しながら登って行き、展望のきかない雑木林の中を進み、その後、一旦右の谷筋を通り、さらに進むと大きな岩の所に出て、さらに進むと、右に下って行く道のある分岐に着きます。
c0022275_9153682.jpg

 この分岐を過ぎ、登りにも飽きてきた頃、樹木の様相が変わり、山頂に到着です。(たっぷり3時間りました)
c0022275_916421.jpg

山頂は美浜町方面が切り開かれており、二等三角点と山頂の標識があります。 
下りは、もと来た道を引き返すのですが、約2時間の道のりです。
c0022275_917165.jpg

■ コースタイム
 石観音登山口→15分→第一展望台→15分→第ニ展望台→15分→第三展望台→120分→山頂

例年3月末には若狭方面の山に出向くことが多いのですが、今年は雪が少なかったので、ちょっと早めに出向きましたが、中腹の500mから上は残雪がありましたが、カンジキの必要もありませんでした。
この辺りは関西に近い山なので、いつも賑わうのですが、今日は春のようなお天気でしたが、誰にも会いませんでした。
c0022275_9173274.jpg

下山後、美浜の温泉施設「きらら」で汗を流し、この辺りの山に来たときは必ず寄ることにしている「ヨーローッパ軒」で定番のカソースかつ丼を食べて帰路に着きました。
c0022275_918108.jpg

[PR]

# by hirospace | 2016-03-01 09:18 | 登山 | Comments(4)  

サツマイモ入りきんつば

サツマイモが残っていたので、茹あずきと混ぜて、好物のきんつばを作りました。

さつまいの皮をむいてゆでやすい大きさにカットし、をゆでて柔らかくなったらザルにあげ、ボールに入れてつぶす。
c0022275_14395685.jpg

そこに砂糖と塩を入れて混ぜ、あずきも入れて混ぜる。
c0022275_14402073.jpg

小鍋に○の水を入れ、沸騰したら寒天を入れて2分混ぜる。そして砂糖入れて混ぜて溶かす。
大きめの鍋に移し、弱火にかけ、2のさつまいもを入れて混ぜる。
c0022275_14491417.jpg

なじんできたら型に流し、冷蔵庫で冷やし固める。
c0022275_14411420.jpg

固まったら取り出し、適当な大きさにきる。
c0022275_14431169.jpg

ボールに白玉粉を入れ、水を少しずつ加えながら混ぜる。
ホットプレートで、一辺ずつ焼いていく方法で焼きました!
c0022275_14474095.jpg

c0022275_14472255.jpg

[PR]

# by hirospace | 2016-02-22 14:43 | 料理 | Comments(2)