沢庵のぜいたく煮

友人から沢庵を頂いてので、一部を昔母親が時々作ってくれた「ぜいたく煮」にしました。
「ぜいたく」という言葉が適当なのか?
そのまま食べられるものを、手間をかけて煮物にするということからでしょうか?
「田舎煮」という言い方で、古漬けの沢庵を煮たものと同様ですが、昔ながらの田舎の保存食の料理ですね。
c0022275_8383454.jpg

2~3度塩出しをして、沢庵が柔らかくなったら、醤油、砂糖で味付けをして、鷹の爪を少々入れたら、仕上がりです。
c0022275_8392456.jpg

スーパーなど市販の沢庵ではだめで、手作りの沢庵でないと、昔ながらの風味が出ません。
有り難い頂き物で、好物を作ることが出来て、美味しく頂けました。
c0022275_840826.jpg

[PR]

# by hirospace | 2016-02-15 08:40 | 料理 | Comments(3)  

雪だるま祭り (白峰)

白峰の雪だるま祭りに友人を誘って行ってきました。
今年は暖冬で先週催された桑島地区では雪を他から運んで作られたとのことですが、白峰地区は前日の雨と当日の気温上昇でかなり崩れたりして、形も歪になっているものが沢山あり、地元の方が直している風景も見られました。
c0022275_12195641.jpg

もう10年以上も訪ねているのですが、こんな状況は初めてでした。
路面にも雪がなく、雪深い町の幻想的な趣は残念ながら感じることが出来ませんでした。
それでも、町の人やボランティアによって、一生懸命に作られた思いは伝わってきました。
c0022275_12201221.jpg

c0022275_12204544.jpg

5時からローソクが点もされるのですが、少し早く着いたので、明るい内に散策をして、お店で温かい蕎麦を食べて、日の暮れるのを待ちました。
c0022275_12203086.jpg

2月も中旬になると日も長く、6時近くにならないと暗くなりませんでした。
日が暮れると少しは雰囲気もできて、また雪だるまを見物しましたが、例年より数も少なくて、これ!といった気に入った雪だるまも少なく感じました。
c0022275_12213783.jpg

c0022275_12215841.jpg

そして、総湯は混雑すると思って、帰りに砂防会館にある「天望の湯」に寄ると、人もなく貸し切り状態で温泉を楽しめたのは有り難かったです。
c0022275_12235667.jpg

[PR]

# by hirospace | 2016-02-13 12:22 | 祭事 | Comments(2)  

雪の取立山

2年ぶりで、4度目の雪の取立山に山友3名で、登って来ました。
同行の女性が「晴れ女」なので、天気予報が好転して、朝から晴れました。
でも、気温が-4℃と低く、登山口への道路も凍結。
R157脇の駐車場は珍しく他の車がありませんでした。
c0022275_9363934.jpg

キャンプ場からの登山ルートを、なまじ知っているからっと、ショーカットちょって間違って、林の中で迷っのですが、方向は分かっているので、迂回したり、急登を登って、通常のルートに出ました。
c0022275_9384441.jpg

その道には福井方面からはたくさんの人が登っているようで、足跡がたくさんありました。
しっかり、汗もかいので、着込んでいたフリースを脱ぎました。
c0022275_15361798.jpg

登山口から2時間かかって、ようやく半分、積雪時のショートカットで一番の急登にさしかかりました。
大半の人が登っているのですが、今日は雪山初心者もいたので、あえて登らないで、通常の登山道をスキーヤーが滑った跡を登りました。
c0022275_1538367.jpg

この坂を上り詰めれば、山頂も近づき、稜線に出ると、山頂も見えました。
積雪時は普通は3時間あまりで登られるのですが、今日は4時間もかかって、13:10に山頂に全員無事に到着しました。
雪が例年の半分以下で、山頂もそれほど広くありませんが、大半の人は下山して、数名しかいませんでした。
正面に見える白山の山並も雲に一部隠れていましたが、まずまずのお天気です。
c0022275_945267.jpg

風はあまりなかったのですが、気温が低いので、手袋を脱ぐと、手が痛くて、さっとお昼を済まして、下山することにしました。
c0022275_9462364.jpg

日が照っていると温かくて、雲に隠れると寒く寒じますが、
ハイピッチで下山していると、体も手も暖かくなって来ました。
c0022275_9455022.jpg

下山はルートを外さないようにマーキングに注意して歩き、コースタイムの2時間で、下山出来ました。
[PR]

# by hirospace | 2016-02-08 09:46 | 登山 | Comments(2)  

節分の風習

今日が節分で、明日は立春ですが、大抵、一年で一番寒い時期でもありますね。

節分といえば、豆まきはしないけれど、恵方巻は食べるという家庭も多いと思います。
子供のいない我が家も多分に漏れずというところです。

そして、まったくと言っていいほど見かけなくなったのが、イワシの頭を焼いて柊の枝に刺して、玄関に飾って、鬼が入らないようにする焼嗅(やいかがし)という風習ですね。
c0022275_1664098.jpg

恵方巻は関西地方の風習でしたが、コンビニで売られ始めたことから全国に広がり、今ではすっかり定着しましたね。
また、節分の風習として、豆まき以外に「節分そば」を食べるという風習もあります。
風土誌などの資料によると、「年越しそば」と同じようなもので、二十四節気でいうところの新年が立春になるので、節分が年越しになるところから「節分そば」を昔は「年越しそば」と言っていたようです。
そして、月末は「晦日そば」と呼ばれていたようです。
また、焼いたイワシは焼いた煙で鬼を払うという意味合いがあるようです。
c0022275_167467.jpg

恵方巻を作ろうかと思いましたが、今晩は僕一人なので、スーパーでイワシや蕎麦と一緒に買って来て、食べることにしました。
[PR]

# by hirospace | 2016-02-03 16:07 | 祭事 | Comments(4)  

鞍掛山

お天気が良かったので、市内で一番アクセスのいい鞍掛山に出向きました。
12月にも登っていたのですが、雪が少ないので、1月に登れたのは数年ぶりでした。
c0022275_9174952.jpg

9時ごろに駐車場に着いたのですが、車が数台しか止まっていなくて、意外に空いているのだな?と思いました。
お天気が良かったので、市内で一番アクセスのいい鞍掛山に出向きました。
12月にも登っていたのですが、雪が少ないので、1月に登れたのは数年ぶりでした。
9時ごろに駐車場に着いたのですが、車が数台しか止まっていなくて、意外に空いているのだな?と思いました。
c0022275_9182150.jpg

汗をかくだろうと薄着で、防寒のジャケットを羽織りましたが、ちょっと寒く感じたのですが、しばらくすると、やはりジャケットをザックに挟みました。
c0022275_919935.jpg

先週以来、雪が降っていなくて、登山道も周りも表面が凍結していて、急登では滑りやすくなっていました。
c0022275_9202695.jpg

1時間10分で山頂に着きましたが、山頂でも20cmほどの積雪しかありませんでした。
風もなく日差しもあって暖かく感じました。
c0022275_9205540.jpg

白山もガスがかかってくっきりとは見えませんでしたが、周りの景色は晴れ渡りすっきり見えていました。
もうすぐ節分になりますが、寒というより早春のような感じさえしました。
c0022275_9215212.jpg

山頂には4~5人いて、歓談していると、2つのグループが登ってきて、いつもの賑わいになってきたので、下山することにしました。
下る時はかなり緩んで、シャーベットのような状態になっていて、上りよりは歩きやすかったです。
[PR]

# by hirospace | 2016-02-01 09:23 | 登山 | Comments(3)  

サラミとチーズが入ったパンを焼く

暖冬だったのが、一気に冬モードになって、積雪はそれほどありません(10cm程度)が、今晩からはまた荒れる予報が出ています。

土曜日の仕事が早めに終わったので、お天気がいいのですが、予定をしていたパン作りです。
c0022275_13302529.jpg

先日からグラタン、ジャーマンポテトなどを入れたパンを作っていたので、今日は生地にトマトジュースを練りこんで、薄切りのサラミソーソーセージとチーズを入れて、焼きました。
c0022275_13305349.jpg

生地にバターを練りこんであるので、発酵にも十分時間をかけて、膨らませてから焼きました。
c0022275_13313784.jpg

トッピングにイタリアンソルトとパルメザンチーズがなかったので、ピザ用のチーズを刻んで振りかけました。
c0022275_13315299.jpg

サラミとチーズのコンビにスパイシーなパンに仕上がりました。
c0022275_13322849.jpg

[PR]

# by hirospace | 2016-01-23 13:32 | 料理 | Comments(2)  

小佐波御前山でスノーハイク

9:00に猿倉スキー場Pに集合、(参加者6名)
雪が少ないし、登山者も多いようで、圧雪されているだろうということで、スノーシューは携行しませんでした。
c0022275_2019399.jpg

昨晩はお天気が良かった?所為か、登山道の落葉が凍結していました。
御前山に入って、積雪が見られるようになって、雪山ハイクらしくなりました。
c0022275_20195732.jpg

気温は低めですが、風もなく薄日が差していて、防寒のジャケットが邪魔になり、しっかり汗をかいていました。
c0022275_20242429.jpg

途中、獅子の鼻岩に寄ったりしましたが、歩いている人がいなくて、ちょっと深い雪を踏みしめて届きました。
c0022275_20244362.jpg

2時間あまりで、山頂に着きましたが、積雪は40cm位ですが、新雪で綺麗でした。
他のパーティーが碑の前の広場でお昼にしていましたが、
c0022275_20261025.jpg

この山には立派な小屋にテーブルまであるので、鍋を囲むには最適です。
c0022275_20264834.jpg

お鏡を開いて、焼いて鍋に入れました。
僕が昨日作ったジャーマンポテトが入ったパンも携行したのですが、固くなっていたので、小鍋で焼いて、仲間の方に好評で食べて頂きました。
c0022275_20274446.jpg

12:30に下山を初め、14:00に登山口に戻りました。
汗をしっかりかいていたので、春日温泉ゆーとりあ越中に寄って、すっきりして帰路に着きました。

お天気にも恵まれて、今年、初めての登山を楽しむことが出来ました。
[PR]

# by hirospace | 2016-01-18 20:27 | 登山 | Comments(4)  

ジャーマンポテトパンを焼く

<レシピ>
1. ジャーマンポテトを作る。
ジャガイモはサイコロ状に切り水にさらす。ベーコンは1センチ角に切る。
2. フライパンに油を熱し、ジャガイモを柔らかくなるまで炒める。柔らかくなったら、ベーコンを加える。
c0022275_15442417.jpg

3. ボールに強力粉、塩、ドライイーストを入れて混ぜ合わせる。
c0022275_15445599.jpg

4. 牛乳120gと砂糖30gを混ぜ合わせ、レンジで30秒温める。
c0022275_15462367.jpg

5. ③に④を入れ手でこねていく。手につかなくなるまで。
6. バター30gを加え、なじむまでこねる。始めはベトベトしますが根気よくこねるとまとまってきます。
c0022275_15465952.jpg

7. 一次発酵。ラップして30度で1時間置いておく。夏場は室温で、冬場は鍋にぬるま湯を沸かしその上にボールを置いておく。
c0022275_15472919.jpg

8. 倍に膨らんだら、平たくしガス抜きをする。
c0022275_15482194.jpg

9. 6等分にわけ丸める。湿らせたキッチンペーパーをかぶせ、15分寝かす。
c0022275_154854100.jpg

10. 中にジャーマンポテトを入れて包む。
11. 二次発酵。ラップをかぶせて40分おく。
c0022275_15493930.jpg

12. ハサミで切り目を入れる。
c0022275_15495543.jpg

13. オーブンを200度に温め、20分焼く。シュレッドチーズを乗せて、5分焼く。
[PR]

# by hirospace | 2016-01-16 15:50 | 料理 | Comments(0)  

謹賀新年

あけまして おめでとうございます
本年もよろしくお願いいたします

c0022275_18125442.jpg

毎年、恒例ですが、混雑をさけるために、夜明け前に安宅の関にある安宅住吉神社に初詣に行きます。
去年は少し吹雪いていましたが、今年は雨がぱら~と降っていました。
c0022275_18134189.jpg


そして、お雑煮を食べて、ゆっくり家で過ごすつもりだったのですが、ブログ仲間が「お天気もいいので、今から初歩きに言って来ます」という文字に刺激をされて、小生も気になっている処に出向きました。
c0022275_18142576.jpg

山代温泉の総湯の近くに名前からも温泉に相応しい薬王院温泉寺という山代温泉を守護するお寺です。
c0022275_18145835.jpg

北陸白寿三十三観音霊場 第10番ですが、寺宝には平安時代初期に彫像された十一面観世音菩薩像や鎌倉時代に彫像された不動明王像などを所有し、境内背後の高台には中興の祖とされる明覚上人の供養塔があり国指定重要文化財に指定されています。
c0022275_18155639.jpg

今日はそのお寺にお参りをしてから、裏山に万松園四国八十八カ所加賀霊場があって、山頂の見晴らし台までの往復路に八十八の祠が建てられているところを初歩きとして、散策するのが目的でした。
c0022275_18163730.jpg

この祠は小さなものですが、個人が寄贈したもので、四国のお遍路にある四国八十八カ所霊場に因んだもので、祠には代何番○○寺と彫られていますが、当然のことながら お遍路とはまったく別物です。
c0022275_18171497.jpg

でも、初歩きとして、丘の上の「さざえ堂」からは白山は雲に覆われていて見えませんでしたが、雪が少ない加賀大日や鞍掛山が見えていました。
c0022275_18203695.jpg

ちょっと、汗をかいたので、下山?して、山代温泉の総湯に入って来ました。
c0022275_1821356.jpg

[PR]

# by hirospace | 2016-01-02 18:21 | 祭事 | Comments(3)  

鯖の大根寿司

先日のニシンの大根ずしの第2弾として、鯖を挟んで大根ずしを作りました。

大根2本を3%の塩で漬けする。
皮を剥き、厚さ2~3cmに切った大根の真横に切れ目を入れる。大根を横に並べ、塩を振って漬ける。重石をして4~5日置きます。

米麹600gに約60℃のお湯を加えて、約60~70℃で3~4時間保温をして、発酵させる。(甘酒のようにドロ~になればOK)
c0022275_1971175.jpg

塩漬けしてあった大根を上げて水切りをする。
c0022275_19103073.jpg

先日、日記で〆鯖をアップしていましたが、薄切りをして、大根の切れ目に挟みます。また、同様に大根を並べて、麹、人参、昆布を載せて、重しをして、また4~5日漬け置きすれば仕上がりです。
c0022275_1981245.jpg

ブリを挟んだ かぶら寿司は高級品ですが、家庭では鯖を挟むところもあります。
漬け樽に大根を並べ、麹をかぶせて、その上から人参、カットした出し昆布を載せる。
c0022275_1974556.jpg

年末からお正月料理に大根ずしは欠かせない料理で、手前味噌ながら、まあ~の仕上がりになりました。
c0022275_1992340.jpg

[PR]

# by hirospace | 2015-12-26 19:10 | 料理 | Comments(3)