フキノトウの味噌和え

お天気が続かなくて、気温もあまり上がらないので、ちょっと肌寒い感じがしています。
1月末から2月の始めはは気温が高めだったので、春先の花の開花が早いように感じていましたが、去年よりはかなり遅れています。
それでも、昔から見れば雪が少なくなって、春を感じるのは早くなったようには思うのですが・・。
c0022275_13361638.jpg

キクザキイチゲの花が、咲き始めていないかなと思ったのですが、まだでしたがオウレンがかなり咲いていて、カタクリの葉がチラホラと顔を出していました。
c0022275_1335978.jpg

先日、フキノトウが顔を出していたのですが、蕾よりも花がかなり開いていたので、適当に摘んで帰り、毎年、作っていますが、味噌和えにしました。
c0022275_13354395.jpg

水洗いをして、さっと茹でて、刻みます。
c0022275_1338385.jpg

フライパンにサラダ(ごま)油をしいて、味噌と砂糖をお酒で溶いたものを加えて、さらに炒めて適当な硬さになれば仕上がりです。
苦味の強い方が好きだと言う方は茹でないで、そのまま炒めても仕上がります。
c0022275_13383210.jpg

温かいご飯の上に載せて、春の香りを楽しみながら頂けます。
「春は苦味、夏は酸味、秋は渋味、冬は甘味」と言われますが、春の山菜には苦味のあるものが多いですね。
これは冬に新陳代謝の悪くなった体内から毒素を出すために、春の野山で採れる野菜は苦いとも言われています。
[PR]

by hirospace | 2010-03-04 13:39 | 料理  

<< ザゼンソウ 天神の梅 >>