カキツバタ(杜若)


初夏の訪れとともに、木場潟公園の水辺ではカキツバタが咲き出します。
今日のように、雨の降る時期には似合う花ですが、ちょっと肌寒い日になっています。

黄ショウブも咲き出しました。
ここでは花ショウブは6月にならないと咲き出しません。

左奥のほうが花菖蒲になりますが、葉もまだ短いです

前にも説明をしたことがありますが、アヤメの種類の似た花の区別ですが、
咲く時期からすれば、アヤメ(文目)、カキツバタ(杜若)、黄菖蒲、花菖蒲になります。
アヤメは畑や庭先など水のないところでも咲いていますが、カキツバタや花ショウブは湿地帯で咲いています。

見分け方で簡単なのは、花びらの元に黄色い筋の模様が入っているのが花菖蒲です。

カキツバタは白色(薄黄色)の筋が入っています。

アヤメは黄色と紫の網目模様が入っているので分かり易いですね。
[PR]

by hirospace | 2010-05-26 09:04 | 草花  

<< 加賀大日山 白山自然保護センター・蛇谷自然観察路 >>