雪割草(新潟・長岡郊外)

前夜、長岡方面の天気予報が暴風雪になっていたので、予定通り決行するのかな?と思いながら、早めに寝付いて、早朝の5時に小松ICを入りました。
途中、吹雪いていたりもしましたが、6:00に待ち合わせの北陸道呉羽SAに到着
6:30仲間もそろって、長岡に向かって出発です。
次第に晴れてきて、晴れ男晴れ女やな~なんて、話しながら、西山ICを8:30に出て、日蓮宗総本山妙法寺に着きました。
りっぱな山門と参堂があって、階段を登ると本堂がありました。
このお寺に訪ねたのはお参りが目的でなくて、裏山に雪割草が見られるというためでした。
c0022275_14225035.jpg

城址後に遊歩道があって、ぽつり~と咲いているものや蕾が見られましたが、雪は降っていないのですが、風が強くて、雨も降ってきたので、早々に切り上げて、今日案内してくださる新潟のお仲間との待ち合わせ場所である道の駅「良寛の里」に向かいました。
予定より早くて、9:30に着いたのですが、主催者の方が待っておられました。
日程表を頂いて、コースの説明を聞くと、先ほど行ってきた妙法寺の裏山からのスタートになっていたので、苦笑いです。
富山からの別のメンバーの到着を待って、出発までに時間もあったので、近くの「良寛の里」を散策をしました。
c0022275_1423251.jpg

予定の10:30に妙法寺の駐車場に戻って、見学コースに出発です。
お天気わころ~変わるので、長靴がいるのか?寒いけれど何処まで防寒すればいいのか迷いながら、笠を指して裏山に登り始めました。
c0022275_14241273.jpg

先に見たところから更に奥に出雲崎の和島海岸に続く、遊歩道が整備されていて、その林道脇にも雪割草やセリバオウレン、キクザキイチゲ、カンアオオイやカタクリも点在していましたが、城跡の丘には沢山の花が雪割草が群生していて、紫色の濃い花から薄紫の花や蕾の可愛い花も撮影することが出来ました。
c0022275_1425667.jpg

能登の門前にはここ以上の密集した群生地があるのですが、ロープが張られているので、花に近づくことが難しいのですが、ここは好きなところで近づけるので、最適でした。
でも、ある程度管理もしないと踏まれてしまうので、将来的には荒廃するのでは?という心配もしていました。
c0022275_14253679.jpg

c0022275_1426051.jpg

c0022275_1428781.jpg

写真撮影や歓談に2時間ぐらいかけて、海岸が見えるところに出て、散策と見学も終わりです。
駐車場から車を持ってくるときには日本海からの雪混じりの強風も吹きつけて来ました。
長岡の街中にある昼食の場所に移動をして、歓談をしながら、新潟の方からの饅頭なども頂いて、お風呂に入って、15:30に長岡を後にして、帰路に着きました。
c0022275_1427880.jpg

[PR]

by hirospace | 2012-03-26 14:28 | 草花  

<< 水芭蕉が咲き出しました 取立山でカンジキ登山 >>