むかご(零余子)ご飯

ご存じの方には説明の必要はありませんが、「むかご」 とは山芋(自然薯)が、つるの途中(葉の付け根)に沢山つくる5mm~10mm程度の小さなイモのことです。
c0022275_1564617.jpg

その小さな粒の一つ一つに山芋の香りとコクが凝縮されています。
口の中に含み噛むと、外側の皮を破り、中からトロッとした山芋が出てきます。
知る人には人気の食材で、道の駅などで売られているのも見ます。
c0022275_15759.jpg

料理法としては、バター炒めをして、ビールおつまみにするとか、ご飯と一緒に炊いて「むかごご飯」も美味しいです。
c0022275_1584380.jpg

また、むかごと自然薯を一緒に炊く「やまこごはん」なども市販されていて、試してみましたが美味しかった。
c0022275_1585811.jpg

実の秋、海、山、畑から旬の食材を頂いて、楽しんでおります。
[PR]

by hirospace | 2014-10-25 15:08  

<< 万波高原の散策 シバタケ(あみたけ) >>