ひだ清見の森・おおくらの滝

c0022275_1842838.jpg

木曽川の源流にある落葉広葉樹の「ひだ清見の森」はミズナラやブナの原生林やサワグルミに覆われていて、直射日光も当たらず、山全体が流紋岩という硬い岩が基盤になっていて、大蔵滝から流れが落ちていていくつもの滝が出来ています。
c0022275_185068.jpg

遠くに見えていた滝が登るに連れて滝に近づき、いろんな角度からも滝を見て楽しめる素晴らしい所でした。
今日は暦の上では立秋ですが、下界では35度以上の猛暑日になっていましたが、滝を吹き抜けてくる風は涼しくて、天然のクーラーの中を散歩しているような感じでした。
c0022275_1854466.jpg
c0022275_1855712.jpg

c0022275_1864329.jpg

c0022275_187133.jpg

c0022275_1873691.jpg

駐車場から大蔵滝までは案内板では40分になっていますが、写真を撮ったり、一服して話したりして、1時間余りかけて、最終目的地の「おおくら滝」に着きました。
c0022275_1875024.jpg

c0022275_188161.jpg

落差は30mですが、近づくと飛沫で一層涼しくしてくれました。
滝の前にある小屋でコーヒーを頂いて、下山するのですが、いろんなコースがあって、最短だと25分で下りられました。
c0022275_1885189.jpg

せせらぎ街道を少し郡上の方に走って、こもれびの広場でソーメンを茹でて、昼食を頂きました
[PR]

by hirospace | 2016-08-08 18:08 | 登山  

<< 能登の不動滝で滝行 三ノ峰を諦めて荒島岳 >>