銀杏

今日も夏の太陽が復活して、厳しい残暑になっています。
昨晩、子供から神社の銀杏がなってるよ!と言われて、そうか!もうそんな時期なんだと気づきました。


その参道の両脇に大きなイチョウがあって、葉の緑が綺麗な時期です。
そして、銀杏がたくさん生って、境内に撒いたように落ちてくるのです。

境内は子供たちが野球やサッカーの遊びに使っているので、子供たちには嫌われものになっています。

木は大きいのですが、あまり大きい実はなりません。
老人会の人たちが時折、掃除をして隅に集められるのですが、拾う人もありません。
僕も前は拾っていたのですが、世話をするのが手間で、匂いが嫌がるので、銀杏を作っていません。

でも、イチョウが紅葉して、境内が黄色いじゅうたんを敷き詰めたようになるのが綺麗ですが、
今度はまた落ち葉の掃除にするのが、大変なようです。
セミやムクドリの住処になってはいるのですが・・・。
[PR]

by hirospace | 2006-09-09 22:14 | 草花 | Comments(2)  

Commented by mshin11 at 2006-09-10 08:45
わぁ~素敵!
銀杏大好きなので、昔住んでたところには銀杏の木があって
いつも散歩の途中で拾っていました。
今も女子大学の構内にある大きな木があるのですが、どうも実がならないので、雄の木のようです。
Commented by aturin88 at 2006-09-10 21:17
こんばんは。
もう銀杏の時期なのですね。  すっかり秋模様です。
今外はコオロギの大合唱ですよ(笑)
銀杏戴くのは大好きなのですよ(^^)

<< 日曜参禅 城址からの夕日 >>