白山スーパー林道ウォーク

朝早くに家を出て、8時過ぎから白山スーパー林道を歩いてきました。

開通(今年は6月5日)前の土・日に開催される恒例の行事で、年々人気が出ています。
関西や中京、新潟のバスも来ていましたが、ゲート前の駐車場から、水法の滝までの往復約14kmのコースが開放されます。

車だとPK以外は駐車禁止なので、気が付かない渓谷美を体感することが出来ます。

途中にはいろんな滝も見られます。

道路の脇には未だにこんな残雪がありました。

折り返し地点には「姥ヶ滝」があって、岩肌を細い線を描いて川に注いでいる風景は圧巻です。

その下には「親谷の湯」という露天風呂があって、人が居ないと滝を眺めながら、ゆっくりと温泉に浸かれば最高なんですが、今日は早い時間からたくさんの人で賑わっていました。
それでも、勇気のある男性が裸になって入っていました。


所々に可愛いヒメシャガが咲いていて、綺麗な花が見られました。
チゴユリも小さな白い花を開いていました。


また、マイヅルソウが群生していたり、ラショウモンカズラもたくさん咲いていました。

お昼を食べて、ゲートを出た頃には、バスツアーでたくさんの人が上がってきました。


3年連続で、5回目になるのですが、去年はすごい混雑していましたが、今年は人が少ないように感じました。

風も涼しくて、あまり汗もかかなかったのですが、帰り道にはレトロな「中宮温泉」に入ってきました。

今年は白山スーパー林道が開通して30周年になるので、夏から秋にかけて記念イベントが予定されています。
[PR]

by hirospace | 2007-05-28 08:46 | 旅行  

<< ハマヒルガオの咲く海岸 ヤマボウシ(山法師) >>