金糸梅

今日も晴れて、照りつける太陽は夏の日差しのように感じられて、空気が乾いているので、吹き抜ける風は涼しく感じられますが、動くと汗が出ました。

木場潟公園の正面入り口に植え込まれている金糸梅が、例年より1週間早く咲き出しました。
いつものことなんですが、満開の頃だと全面が黄色に覆われるのですが、性急なもので・・。

梅とは無関係のオトギリソウ科の花ですが、園芸店では学名のヒペリカムと名づけられて、家庭の生垣にも使われています。

雄しべが金の糸のようで、花の形が5枚で梅に似ているから「金糸梅」と呼ばれるのでしょうか、名に負けない花です。

[PR]

by hirospace | 2007-06-07 08:08 | 草花  

<< 梅干用の梅 ユキノシタ、カワラナデシコ、オダマキ >>