くちなし(梔子)の花

「~くちなしの花の 花のかおりが 旅路のはてまで ついてくる
くちなしの白い花 おまえのような 花だったぁ~♪」・・水木かおる作詞・遠藤実作曲
の名曲ですが、よく流行りましたね。


早春のジンチョウゲ、秋のキンモクセイと並んで芳香花木の代表で、
梅雨時から咲き出し、白の美しい花がくと、いい香りが辺りに漂います。


先日から、咲いているのを見かけていたのですが、
白い花は傷むのが早くて、昨日、綺麗な花が撮れました。


「クチナシ」というのは、この実が熟しても裂開しないことから名づけられたのですが、
実は食品の色付けによく利用されて、僕もたくあんを漬けるときに使っています。
[PR]

by hirospace | 2007-06-28 09:48 | 草花 | Comments(3)  

Commented by chore-notes at 2007-06-28 13:59
御訪問有難うございました。
田舎でのんびり草や花と暮らしています。
これからも時々訪問させていただきます。
Commented by milkcoffeetea at 2007-06-28 14:20
こんにちは♪
たくあんもつけるんだ・・・ひろさん
商売が出来そうですね・・♪
いい香りのするくちなし。。。
白さがあざやかでいいですね・・・♪
お正月のきんとんを作るとき使います・・・
Commented by 蛙太郎 at 2007-06-28 19:28 x
たくあん漬けるときに使われるのですか、いいでしょうね。自然のいろですから。実は出来ますが使った事はありません。たくあんも漬けないし。

<< ナツツバキ(夏椿) キキョウ(桔梗) >>