ねじ花

道端に咲いているネジ花を見つけたのですが、車の往来が激しいところだったので、危なくて上手く撮れませんでした。
そんなに珍しい花でもありませんが、あるところにはあるのですが、あまり広がりを見せていません。


この花が面白いのは、その花のつき方が右巻き、左巻きになるのです。
写真の左が右巻きで、右が左巻きになっています。


また、巻かないで僕のように素直に(間違いました!)貴女のように真直ぐに咲いているものもあります。
野に咲く花でも、ランの一種で花は小さいですが、すごく可愛いくてお洒落です。


この花は別名「モジズリ」とも言われますが、福島県の織物で「信夫もじずり」というものがあって、石に草木を擦り付けて、その色を移して捩れた模様になっています。
その名前から由来しているとも伝えられています。

ねじ花を紹介するページには この句がよく登場しますが、
「陸奥の しのぶもぢずり 誰ゆえに 乱れ染めにし 我ならなくに」
(陸奥のしのぶもじ摺りのように、つれないあなたゆえに、私の心は千々に乱れています) 
「しのぶもぢずり」が土地の織物と「モジズリ」の花を掛けて歌われているようです。
[PR]

by hirospace | 2007-06-30 08:01 | 草花  

<< 氷室まんじゅう ナツツバキ(夏椿) >>