氷室まんじゅう

氷室(ひむろ) とは、江戸時代から受け継がれる初夏の行事で、
7月1日に加賀藩が氷室に貯蔵していた氷を、幕府に献上していた日で、
この日に麦饅頭を食べると、夏場を無病息災で過ごせるという習わしがあります。
金沢・加賀では、この日になると多くの店頭に氷室饅頭が並びます。


氷室まんじゅうは、江戸の年間に金沢の生菓子屋が創案して、縁起も良く、ビタミンもたくさんあって体にいいことから、氷室の日に食べたようです。
また、もともと農家の麦の収穫期である6月に、塩味の麦饅頭を娘の嫁ぎ先に持っていった慣わしがあって、それをヒントに金沢の菓子屋が氷室と同じ時期のものだからと、
餡を入れて氷室まんじゅうとして商品化し売るようになったという説もあるようです。
その後、麦饅頭は酒まんじゅうになりましたが、
今でも嫁入り先に持参したり、親戚に分贈したりしている風習が残っています。
僕も会社のスタッフと一緒にこれを食べるのが、習慣になっていますが、
今日はお休みだったので、家の分だけ買ってきました。

全国で、この節句が伝承されているのは金沢・京都・草津のみだそうです。
京都では7月1日に水無月(みなづき)というお菓子を食べます。
三角形で、白い ういろうの上にあずきの層がのっています。
あずきの赤は厄よけの意味があり、氷室まんじゅうと同じく、食べると夏バテしないといわれています。
 
[PR]

by hirospace | 2007-07-01 14:27 | 祭事  

<< 半夏生は鯖の日・・? ねじ花 >>