シソジュース


仲良し婆ちゃんの畑に残されている縮緬シソ5株もらって来て、シソジュースを作りました。

準備するものは水洗いしたシソの葉500g、三温糖(ザラメでも可)1kg、米酢500cc(クエン酸100~150gでも可)だけです。(蜂蜜は僕の好みで使っています)

大鍋に水2リットルを入れて、沸騰したらシソ葉を加えて、中火で5~6分煮ます。
赤い色素が湯に溶けて赤紫蘇の葉が緑色になります。

別の鍋(またはボール)に煮汁を漉します。
(残ったシソの葉は山椒やチリメンなどを加えて佃煮にしても美味しいです)

漉した煮汁を中火にかけて、砂糖を加えてよくかき混ぜて砂糖を溶かして、火を止めます。
(今回、僕は甘さ控えめで、砂糖を600gと蜂蜜を200g使いました)

十分に冷めてから、米酢500ccを加えて、かき混ぜます。
酢を加えると、鮮やかなルビー色に変わり、2.5リットルのシソジュースの出来上がりです。
保存ビンに入れて、冷蔵庫で保存します。

赤シソは、花粉症やアトピーなどにいいと言われてもいますが、その効果は分かりはせんが、シソの薬効があるとと思います。
シソの香りが良くて、のどごしも爽やかなシソジュースは、健康にもいいお酢も沢山使っているので、夏を元気に過ごすには適当な飲み物だと思います。
作り方も簡単ですから、お店で売られている赤紫蘇(ちり緬)を見られたら、お試しになられては・・?
[PR]

by hirospace | 2007-07-19 14:21 | 草花  

<< 紅生姜を漬ける 温泉と蕎麦処 >>