七つ滝

時々、紹介している隣町にある七つ滝です。
県道から少し入ったところなのに、森閑とした風景が見られます。
小高い山間に流れる小さな川なんですが、
上流から七段の滝になって、いろんな表情を見せてくれます。

 六の滝
インパクトはありませんが、程よい大きさが、見る人の気持ちも優しくさせてくれまます。
でも、雨が続くと、ちょっと表情を変えて、激しいものに成るときもあります。

 五の滝
夏の暑い日差しが遮られて、木漏れ日が丁度滝の辺りだけを照らして
川面を流れ落ちる水だけが光っています。
せみ時雨も この滝の音とで調和されているように感じました。

 四の滝
「静けさや 岩に染み入る セミの声」という句が似合うところです。

 三の滝
こんな素敵な景色なのですが、あまり人にも知られずに、川の流れは絶えることがありません。

でも、今日は地元の高校生3人が散策していたり、里帰りの途中でしょうか?家族連れが一組見えました。

二の滝
滝の横の遊歩道を一の滝まで上がっても10分ほどです。

一の滝
夏には必ず訪ねるところで、涼感を肌で感じながら、駐車場に戻る来ると、そこはやっぱり夏の日が照り付けていました。
[PR]

by hirospace | 2007-08-11 16:27 | 風景  

<< 夕日 お盆の花 >>