コムラサキ


コムラサキの綺麗な濃い紫色の実が鈴なりに生っているのを見ると、秋を印象付けてくれます。

ムラサキシキブと呼ばれていますが、公園や庭先に植えられているものは、ほとんどがコムラサキで自生のものとは実のつき方が違うだけで見分けがつき難いです。

コムラサキの仲間でシロシキブと言うのもありますが、ここには混じっているようです。
同じ株になっているので、変異があったのかも知れません。

実の方がよく知られていますが、花は7月ごろに咲きますが、可愛い花です。

ススキ、彼岸花、コムラサキと秋の花や実が並んでいました。
[PR]

by hirospace | 2007-09-27 09:49 | 草花  

<< ホオズキ(鬼灯) 中秋の名月 >>