ホウズキ(鬼灯)

夏の終わりから秋になると、ホオズキが色づきます。

そのまま10月頃まで、殻を破らないで置いておくと、こんな感じになります。
conv0085.jpg
ホオズキの実を子供の頃、皮を破らないように種を出して、膨らませて、口に含んで鳴らして遊びましたね。
今では誰もしないし、教えてあげても、それ程楽しめないかも知れませんね。
conv0087.jpg
僕の知り合いは本職は散発屋さんなんだけどクラフト作りも名人で、殻ごと水に一月程漬けて置いて、漂白剤に晒す繊維質だけが白く残って、綺麗な飾りに仕上げています。

[PR]

by hirospace | 2008-09-26 10:05 | 草花  

<< 白山市ノ瀬の山野草・・アケボウ... コムラサキ(小紫) >>