2006年 12月 13日 ( 1 )

 

道頓堀

大阪には90歳になる母がいます。
しばらく無沙汰をしていたので、ご機嫌伺いに寄りましたが、予想外に元気そうで一安心しました。


子供の希望でミナミ(難波)の繁華街にあるスポーツ用品店に行きました。
Jリーグの新しいデザインの公式ユニフォームが並んでいましたが、
サイズが合うはずもなく、飾って置くには高すぎて、シューズを買って納得させました。
子供が僕に付いて来た一番の目的がここにありました。


戎橋から道頓堀界隈・・いつも通りたくさんの人が繰り出していました。
吉本興業が経営する「道頓堀極楽商店街」とって大阪中のうまいモンとおもしろいモンをてんこ盛りしたと言うフードテーマパークに入りました。


僕が子供のとき(以前?)のミナミの町並みが模型で作られて、駄菓子屋からガード下の屋台など懐かしい店と食べ物が凝縮されていました。
若手芸人による人情ミュージカルなるものがコテコテの大阪弁で演じられています。


ラーメン好きの息子を美味しい店「どうとんぼり神座」(かむくら)に連れて行きました。
意外に列が短くて15分ほど並ぶと店に入れましたが、食べ終わるとすごい列になっていました。

薄味の醤油ベースに白菜が入って、僕はこの店の味が好きなんですが、両隣の店にも長い列が出来ていました。(かむくらは東京にも進出しましたが、人気はどうなのかな?)
この近辺の人気のお店は お好み焼きも回転寿司も同様でした。


北陸の人間になり切った積りでしたが、この界隈の雰囲気に素直に馴染めるのも、やっぱり関西育ちなのですね。
学生時代の友人宅にもお邪魔して、楽しい時間を過ごして、帰って来ました。
[PR]

by hirospace | 2006-12-13 16:33 | 旅行