<   2006年 12月 ( 20 )   > この月の画像一覧

 

あまごの甘露煮

大阪の兄は昔から、渓流釣りが一番の趣味で、よく奥深い山に出かけています。
自分で魚も捌くし、料理の腕も僕と違って必殺料理人です。(能書きも同様に・・)
先日、訪ねたときに冷凍した天然のアマゴものを10匹もらって来ました。


和歌山の十津川で釣ったものですが、かなり大きくて綺麗な赤い紋が入った魚です。
僕は塩焼きが一番美味しいと思うのですが、今回は4匹を甘露煮にして見ました。


腹(腸)も出して冷凍してあるし、臭みもないから、そのままでもいいよと聞いていましたが、
水でよく洗ってヌメリを取って、焦げ目が付く程度に素焼きをして、


骨も柔らかくするために、更に、酢を少々と梅干も1個いれて弱火で1時間ほど下煮をしました。
焦げ付かないように、盆ザルの変わりに白菜を1枚敷いておきました。


下煮の汁を全部捨てて、新たに魚が浸る程度に水を入れて、
砂糖(粗目)50gを入れて30分ほど炊き込んでから、醤油50ccと味醂100ccを加えて、
落し蓋をして、さらに2時間あまり、コトコトと弱火で煮詰めます。(味は適当なところで確かめて砂糖、醤油は好みで加減します)


照りが出てきて、煮汁が無くなる手前で火を止めます。
飴色になれば仕上がりですが、煮汁が無くなるまで炊くと照りがなくなります。


試食しましたが、結構美味しい出来です。
頭も背骨も分からないほどに柔らかく仕上がっていました。
これなら子供も食べてくれるかな・・・?
ハゼやアユも同じ様な要領で甘露煮が出来ます。
[PR]

by hirospace | 2006-12-15 16:18 | 料理  

クリスマスのイルミネーション

この時期の流行りものとして、話題になっていますが、僕も先日から、通りがかりに撮影したものがあります。


特に、新興の団地では年々豪華さをを競い合うようにデコレーションされているところがあります。
先日、大阪の箕面の友人宅の近くで見たイルミネーションも豪華でした。

メディアでも放送されたようで、見学に来る人も多いと話していましたが、それなりの価値はあるように感じました。
設備に200万もかかったそうです、電気代もかなりかかるでしょうね・・。
まあ、そんなものが気になるようでは到底出来ませんから、僕とは違う世界のお宅なんですね。


こちらは家の近くのカナダ人の建築家のお宅で、何回か掲載もしましたが、照明だけでなくて、本国から取り寄せたと言う飾り物も素晴らしくて賑やかでです。


これに刺激されて、この団地も大掛かりなものから小さなものまで、チラホラと見られましたが、この程度なら何処にでもありますね。



特別なイルミネーションがなくても、人は暗いところで生活するよりも、明るくて暖かいところで生活できることが幸せですね。
そして、心の小さな灯火も消さないようにしたいものですね。
[PR]

by hirospace | 2006-12-14 12:51 | 祭事  

道頓堀

大阪には90歳になる母がいます。
しばらく無沙汰をしていたので、ご機嫌伺いに寄りましたが、予想外に元気そうで一安心しました。


子供の希望でミナミ(難波)の繁華街にあるスポーツ用品店に行きました。
Jリーグの新しいデザインの公式ユニフォームが並んでいましたが、
サイズが合うはずもなく、飾って置くには高すぎて、シューズを買って納得させました。
子供が僕に付いて来た一番の目的がここにありました。


戎橋から道頓堀界隈・・いつも通りたくさんの人が繰り出していました。
吉本興業が経営する「道頓堀極楽商店街」とって大阪中のうまいモンとおもしろいモンをてんこ盛りしたと言うフードテーマパークに入りました。


僕が子供のとき(以前?)のミナミの町並みが模型で作られて、駄菓子屋からガード下の屋台など懐かしい店と食べ物が凝縮されていました。
若手芸人による人情ミュージカルなるものがコテコテの大阪弁で演じられています。


ラーメン好きの息子を美味しい店「どうとんぼり神座」(かむくら)に連れて行きました。
意外に列が短くて15分ほど並ぶと店に入れましたが、食べ終わるとすごい列になっていました。

薄味の醤油ベースに白菜が入って、僕はこの店の味が好きなんですが、両隣の店にも長い列が出来ていました。(かむくらは東京にも進出しましたが、人気はどうなのかな?)
この近辺の人気のお店は お好み焼きも回転寿司も同様でした。


北陸の人間になり切った積りでしたが、この界隈の雰囲気に素直に馴染めるのも、やっぱり関西育ちなのですね。
学生時代の友人宅にもお邪魔して、楽しい時間を過ごして、帰って来ました。
[PR]

by hirospace | 2006-12-13 16:33 | 旅行  

神戸花鳥園

ルミナリエに行く前に時間があったので、「神戸花鳥園」に先によりました。


神戸花鳥園は、神戸空港へ向かうポートライナー「ポートアイランド南駅」横に広大な空間に、スイレン、ベゴニアなどの園芸植物と、鳥類、魚類などの生物とのふれあいを目的としたテーマパークです。


ガラス張りの全天候型の園になっていて、この時期でも暖かく、熱帯性スイレンが年中楽しめるスイレンゾーン や花の中でさまざまな鳥たちとのふれあいが楽しめます。


 いろんな種類のフクシアが天井から下がっていました

花いっぱいの南花ゾーンでは 極大輪の球根ベゴニア類が沢山並んでいて、
満開の花の下で、喫茶、お食事なども楽しめます。



鳥ゾーンではフクロウショウもあって、子供も一緒に写真を撮っていましたが、SDカードに不具合が起きて画像の大半が再生出来なくなりました。


いろんなミミズクもいたのですが、剥製かと思えば突然動いて驚きました。


オオハシは綺麗で大きな鳥でした。

オオギバトやエボシドリも放し飼いになって、頭上を飛び交っていました。


5本選んだおみくじから1本を摘んで渡してくれます・・大吉でした

また、ペンギンの餌付けは100円払うと出来ました。

結構、威嚇をして来て、写真を撮っていると足を突かれました。

花の種類はそれ程多くありませんが、熱帯の珍鳥と触れ合えるのが楽しいところでした。
[PR]

by hirospace | 2006-12-12 13:46 | 旅行  

ルミナリエ

神戸に行って来ました。


3時に三宮駅に着いて、三宮アーケードをウンドーショッピングをしながら元町に・・。


スタートの神戸大丸の近くからはバリケードと警備の人で迂回路が出来ていました。
2年前は東園地でカメラの三脚を構えて3時間近く待機しましたが、点灯の瞬間は見られないだけで、そんな早くから並ぶ必要もないように思いました。


列についてルミナリエの入り口を見られたのでは5時半頃でした。
混雑は覚悟をしていましたが、あいにく小雨が降っていて笠が邪魔になったりで苦労もしました。


警備の人が写真を撮ったり、立ち止まらないでください!と言う掛け声は、僕を含めて大半の人が無視をしていました。


鎮魂歌が流れて光の回廊の中を歩くのもいいですが、少し遠くからの全体像が綺麗ですね。



30分ほど歩くと、最終の東園地に着きます。

ここは光のパネルが円になって囲われてあって、デコレーションも豪華です。
[PR]

by hirospace | 2006-12-10 22:43 | 旅行  

甘酒

かぶら寿司なのど「麹漬け」に使う麹を沸かす作業は甘酒を作る要領と同じです。


炊き立てのご飯(柔らかめ又は おじや)をご飯茶碗2杯半(400g)に、
70℃のお湯を1000cc(5カップ)入れて混ぜ合わせます。
その上から市販されている米麹1袋(200g)を細かく解して入れてよく混ぜます


60℃の温度を8~10時間保温すればいいのですが、
毛布にくるめてコタツの中やホットカーペットなどの上に置いておくと出来上がります。

写真は漬物用なので水も少なめで、保温温度も低めですから、醗酵が弱くて甘みが少なかったですが、熱いお湯を少し足して飲んでみました。
うん、これなら熱くして、生姜汁を落とすと美味しく頂けます。(市販の甘酒よりも美味しい)
甘酒はアルコール分を含んでいませんから、子供でも安心して飲めますし、寒い夜は体が温まります。
[PR]

by hirospace | 2006-12-08 20:34 | 料理  

加賀の冬の漬もの

「かぶら寿し」は加賀の冬の食べ物として紹介されて、県外の人にも人気が出てきていますが、漬物としては手の込んだ贅沢な伝統料理だと話していた有名な料理家かもいました。


輪切りにして塩漬けした青かぶらに、ブリの切り身を挟んで、麹、人参、昆布とともに漬け込んだものです。
金沢のお正月には欠かせないものですが、漬物としては高級なもの(大きさによって1切れ500~1000円)なので、お歳暮やお年始などのお使い物にされることも多いです。


また、この「かぶら寿し」能登のほうでは塩鯖を挟むところがあります。
小松市では手取川で獲れる鮭を使って「さけかぶら」を作っているところがあります。
地元で採れた白かぶらと有機農法の「蛍米」を原料とした麹を使って、さっぱりとして「かぶら寿し」を作り出しています。

山手の西尾地区には農産加工グループ(平均年齢70歳以上)の元気な人たちによって作られていtて、評判も良かったのですが、年々高齢化が進み人手も減って続けることが出来なくなって、今年で生産を終わることになりました。
僕も何度か買って食べていたのですが、無くなると淋しい気もして、購入予約をしました。


そして、先日から大根の甘酢やたくあんを掲載していましたが、
「(大根)麹漬け」(大根寿司)を作らんのか?と言う友人もいて、迷っていました。
「かぶら寿司」よりも家庭では「大根寿司」を食べるのが一般的で、以前は僕の家でも義母が作っていました。

今、家では僕しか食べないので、買って食べていたのですが、
今年は自分で作ることに決めて、先日から準備をして、大根2本分うぃ漬けました。

これは「かぶら」ではなくて、青首大根を小さめに切って4日間塩漬けをして、

その後、麹を沸かして甘酒のようにして、身欠きニシンをお米の研ぎ汁でもどしたものと一緒に10日ほど漬け込みます。

かぶら寿司のように身をはさむのではなくて、ニシンの脂が麹と混ぜあって特有の風味が出ます。

滋賀県で作られている鮒のなれ寿司」とも違って臭みはありませんが、慣れない人には馴染めないものかも知れません。
関西出身の僕が、北陸に住むようになって、これが食べられるようになって北陸人になったという実感があり、では大好物の食べ物です。
[PR]

by hirospace | 2006-12-07 16:48 | 料理  

イチョウのじゅうたん

毎年、この時期に訪ねている村はずれの小さな神社ですが、
境内一杯にイチョウの落ち葉で色づいて、季節の風情を感じさせてくれて好きな場所です。


去年はもう少し遅かったのですが、ちょうどカサ~と音を立てながら落葉しているところに出会えたのですが、今年はすでに大半が散ってしまって、冬の雨に濡れて、重そうに重なっていました。


大阪に住んでいた頃は御堂筋の銀杏並木や大阪城公園の並木が色づくと、たくさんの人が秋の日の下で散歩をしている風景を見ていました。
この村社では、訪ねる人も無く、陰と陽の違いを強く感じさせられました。


このイチョウが落葉すると、村に雪が来ると知らせてくれるという話を聞いたことがありますが、
この日も薄っすらとですが、辺りの山や家の瓦に雪が残っていました。
[PR]

by hirospace | 2006-12-05 08:39 | 風景  

山は雪化粧

予定のない休みの午後のいつものパターンで、山の温泉に出向きました。


30分ほど走って「トンネルを抜けると、そこは雪国だった!」と言うほど積もってはいませんでしたが、山肌と道路わきが白くなっていました。
昨晩から朝方に降ったようです。
金沢も初雪が降ったようですが、こちら(白峰)は10日ほど前に初雪が降っています。

もう12月ですから、降って当然なんですが、11月の中旬紅葉の真っ盛りに降って、モミジの上に雪が積もったときもありました。

途中、メタセコイアの並木があるのですが、大変が散っていました。
毎年、写真を撮りに来ているのですが、雪の中で撮ったのは初めて?のような気がするので、例年より遅かったようです。

近くのハーブ園も閉園されていましたが、ここにもメタセコイアの並木があって、訪れる人もなく初冬の佇まいを感じました。

家の近くにも温泉が沸いていますが、ここの温泉は白峰温泉の総湯(共同浴場)で300円では入れます。
県内の温泉でも、ここのお湯が一番ツル~として、好きな温泉です。


帰り道、ダム湖の横で写真を撮っていたら、鳥が10羽ほど群がって樹から木へ飛び交って、目の前の木に止まりました。

慌てて撮ったのですが、残念!ピンボケでした・・。
(鳥の名前はよく分からないのですが、コガラでしょうか?)
[PR]

by hirospace | 2006-12-04 08:35 | 風景  

冬の風物詩

昨晩も雷雨でしたが、今日の午前中は晴れ間もあって、所要で金沢に出向きました。
(実はジャンボ宝くじを買いに行ってのですが・・)
午後からは、また時折激しい雨になっています。
雪よりは、マシかな・・と思うのですが、観光をしている人には雪も楽しみのようです。


金沢にはお馴染みの「雪釣りと」もう一つ冬の風物として「こもがけ」と言うのがあります。

これは土塀を雪などから守るために施されるものですが、
今は観光用に市がこの地区だけに施工しています。

金沢の繁華街・香林坊から5分も歩くと加賀百万石の面影が色濃く残る
長町界隈には、土塀に囲まれた武家屋敷跡が広がっています。
この辺りには前田藩の中級武士や足軽などの住まいが集まっていたところです。

狭い道は曲がりくねっていて敵の侵入を遅らせる工夫がなされています。
土塀沿いに大野庄用水が流れ、昔は材木の運搬や炊事洗濯に使われていました。

土塀の石は金沢城の石垣にも用いられた戸室石です。
複雑に入り組んだ城下町らしい石畳の小道をそぞろ歩けば、藩政時代の雰囲気がしのばれて、観光客が多く訪ねます。

また、老舗の商舗や名物の和菓子や生麩のお店も風情に一役買っています
[PR]

by hirospace | 2006-12-02 15:39 | 風景